HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360で簡単3DCAD!あっさり自由な3Dモデルを作る方法

Fusion360で簡単3DCAD!あっさり自由な3Dモデルを作る方法

「Fusion360」は、3DCADとして高度な機能を備えつつ初心者でも覚えやすいソフト。
3Dに苦手意識を持つ人たちが、次々とチャレンジしています。

今回は、Fusion360でモダンな椅子やヘルメットなど、
難しい3D形状を素早く作れる「スカルプト」をご紹介します。

Fusion360

 

 

Fusion360でモダンな椅子を5分で作る

スカルプトは粘土を捏ねるようなモデリング方法です。
まずは、元になる形状を「平面」で作り、「フォームを編集」で修正して行きます。

平面で作った面を「フォームを編集+Alt」で上に引っ張ると
背もたれが出来上がります。

Fusion360のスカルプトで平面を作る

Fusion360のスカルプトで平面を作る

フォームを編集+Altで背もたれを引き出す

フォームを編集+Altで背もたれを引き出す

 

さらに、肘置きや足の元となる部分をひっぱりだします。

「フォームを編集+Alt」で、肘置きを作ります。
これは引っ張るだけなので、とても簡単です。

フォームを編集で肘掛を引き出す

フォームを編集で肘掛を引き出す

 

 

さらに、足も引き出して行きます。
足は横に広げて、さらに後ろに回して椅子が倒れないような形状にします。

 

フォームを編集で足を引き出していく

フォームを編集で足を引き出していく

足が倒れないように形状を工夫する

足が倒れないように形状を工夫する

 

あとは座りやすいように、「フォームを編集」で座面に局面をつけたり
「折り目解除」で角ばった部分を丸めたりします。

最後に「厚み」で肉厚をつけて完成です。

ほぼ「フォームを編集」だけで、こんなモダンな椅子を作ることができました。

人間が座りやすいように曲面を作る

人間が座りやすいように曲面を作る

モダンな椅子のモデルが完成

モダンな椅子のモデルが完成

 

 

 

普通は難しいヘルメットをFusion360でサクッと作る

さらに、Fusion360の他の機能と「スカルプト」を組み合わせると
こんなヘルメットもあっさり作ることができます。

ヘルメットを作る場合は、曲面を綺麗に作るため
元になるスケッチを描いて、「ロフト」で面を作ります。

作った面をどんどん繋げて行けば、ヘルメットの元の形状ができます。

 

ヘルメットの元になるスケッチを描く

ヘルメットの元になるスケッチを描く

 

どんどんロフトで面を作っていく

どんどんロフトで面を作っていく

 

ヘルメットの元になる形状ができる

ヘルメットのベースとなる面ができる

 

あとは、バラバラに作った面を「エッジを結合」で繋いだり
穴が空いている箇所を「ブリッジ」で橋渡ししたりすると

ヘルメットのベースとなる形状ができます。

 

バラバラの面をエッジの結合でつなぐ

バラバラの面をエッジの結合でつなぐ

 

ヘルメットの元の形状ができる

ヘルメットの元の形状ができる

 

最後に肉厚をつけて、色を適用するとヘルメット出来上がります。

ヘルメットを3Dで作るのは普通は難しいのですが

Fusion360を使えば、素早く、結構簡単に作ることが可能です。

met94

ヘルメットが完成

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。