HOME >>  メーカーズニュース > 3D Printing2018で実機が見られる!プロ仕様の低価格3Dスキャナ「EinScan」

3D Printing2018で実機が見られる!プロ仕様の低価格3Dスキャナ「EinScan」

プロ仕様の3DスキャナEinscan

工業製品を3Dスキャニングできる、プロ向けの3Dスキャナは1000万円ぐらいからの
価格帯が多く、気軽に導入できる機材ではありません。

しかし、最近日本でも販売が開始された「EinScan(インスキャン)」は
低価格ながら、プロ仕様の性能を持っている3Dスキャナです。

スキャニングの精度は0.05mm、最大スキャン範囲は4mと、かなり大きな物も3Dスキャンできます。

さらに、1台で手持ちから据え置きまで色々なスキャニング方法も使えます。
そのため、小さな工業用部品から、車のボンネットの3Dスキャンまでが可能です。

プロ仕様の低価格3Dスキャナ Einscan(インスキャン)

2月14日(水)から開催の「3D Printing2018」で、「EinScan」が出展されているそうなので実機をみるチャンスですね。
※同じ場所に、高機能FDMプリンター「Raise 3D」も出展されています。

 

「3Dスキャナ・EinScan(インスキャン)」の詳細はこちらへ

EinScanの出展場所

3D Printing2018
期間:2018年2月14日ー16日
出展場所:6B-23  (日本3Dプリンターブース内)

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス