HOME >>  メーカーズニュース > 【AIの書籍】Raspberry Piで「人工知能を作る」が発売開始!

【AIの書籍】Raspberry Piで「人工知能を作る」が発売開始!

ラズベリーパイ 人工知能

人工知能を使った端末を作るときに使えるのが、
パソコン並みの性能をもつマイコンのRaspberry Piです。

CQパブリッシングから3月30日に出版される「人工知能を作る」では、
Raspberry Piとディープラーニングを使い、自宅で人工知能を作る方法が紹介されています。

「人工知能を作る」の詳細はこちらへ

本書では、最初にGoogleの提供するディープラーニングの
AIライブラリ「TensorFlow」の基本的な使い方が解説されます。

さらに、具体的「人工知能」の具体的な使い方を学ぶため、機械学習用の画像データを実際に準備。
キュウリの画像を自動判別し、ベルトコンベアーでキュウリの等級を分けるなど
実際に使える「人工知能」を作る方法が具体的に紹介されます。

 

数千枚のキュウリの画像をディープラーニングに読み込ませる

数千枚のキュウリの画像をディープラーニングに読み込ませる

キュウリをベルトコンベアに乗せて仕分けする

キュウリをベルトコンベアに乗せて仕分けする

※上記の画像は、本書著者が公表している動画より引用

 

そのほかにも、魚の飼育を人工知能で行う方法も紹介。
リアルタイムで、魚のえさやりのタイミングを判定するなど、
身の回りのものを「人工知能」で作るための実験が紹介されています。

価格は、2808円です。

「人工知能を作る」の詳細はこちらへ

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス