HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】押し出しのオプションを使い倒そう

【Fusion360】押し出しのオプションを使い倒そう

バーベルのような形

「押し出し」は、「Fusion360」でもっともよく使うコマンドだと思います。機能としては、スケッチから立体を作るだけのシンプルなコマンドです。

 

しかし、「押し出し」を使って形状を作って行くと、どんどんスケッチが増えてくという問題が起こります。
スケッチが増えすぎると、どこに何を書いたががわからなくなり、寸法を直すのも大変です。。

しかし、「押し出し」のオプションを使うと、デザインや設計を効率化することができます。今回は、このバーベルのような形状を1つのスケッチだけで描く方法をご紹介します。

 

押し出しで形状を作る

「押し出し」は「作成」の中にあるコマンドで、その名の通りスケッチなどを押し出して形状を作ることができます。

押し出し

作成 > 押し出し

 

押し出すための準備としては、「スケッチの作成」で底面を選択してスケッチを書き始めます。

スケッチメニューの中の、「中心と直径を指定した円」で幾重にも重なった円を書いて行きます。
一番小さな円が20mm、大きな円が140mmです。

円がかけたら、「スケッチを終了」して「押し出し」を適用して行きます。

中心と直径で指定した円で、多重に重なる円を描く

中心と直径で指定した円で、多重に重なる円を描く

 

まず、多重円を全て選択して10mm押し出します。

続けて、外側から個別の円を押し出して行きます。この時、オプションの「操作」を「結合」にしておきましょう。(切り取りのママだとモデルが削られます。)

 

円を全て選んで、押し出しを適用する

円を全て選んで、押し出しを適用する

2番目に大きな円を押し出す

2番目に大きな円を押し出す

 

この操作を続けていくと、山のような形状が出来上がります。

山の仕上げは、一番小さな円を少し長めに「押し出し」を適用します。

これで、普通の「押し出し」は完了です。

 

押し出しで山ができる

押し出しで山ができる

 

押し出しの「開始」オプションを使う、効率的なモデリング

ここからは、押し出しのオプションを使って、効率的なモデリングを行う方法をご紹介します。

今回作ろうとしてるバーベルのような形を作ろうとすると、スケッチをかなり沢山の描くのが普通です。

しかし、最初に描いたスケッチだけで、バーベルを完成させることが可能です。
やり方としては、以下の手順です。

1.押し出しを選ぶ
2.スケッチの2番目に小さな円を選ぶ
3.押し出しのオプションの「開始」で「オブジェクト」を選ぶ
4.オブジェクトとして、柱の天面を選ぶ
5.押し出す距離を10mmにする

 

2番目に小さなスケッチを押し出す

2番目に小さなスケッチを押し出す

押し出しのオプションの「開始」で「オブジェクト」を選ぶ

押し出しのオプションの「開始」で「オブジェクト」を選ぶ

 

これで、離れた位置にあるスケッチを押し出すことができました。

あとは、この流れを繰り返して行けば、バーベルの形状が完成です。

 

このように「押し出し」の開始オプションを活用すれば

スケッチを集約して、設計を効率化することが可能です。

最初のスケッチだけを使って形状を完成させる

最初のスケッチだけを使って形状を完成させる

バーベル状の形状が完成

バーベル状の形状が完成

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。