HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】作業面を使って角度のあるモデルを作ろう

【Fusion360】作業面を使って角度のあるモデルを作ろう

Fusion360で、ある程度複雑なモデルを作るのに必須なのが「作業面」です。

作業面とは、スケッチを描いたりするオレンジ色の面のことです。

Fuison360の「構築」コマンドの中にある8種類のメニューでコントロールします。

 

Fusion360の構築コマンド

  1. オフセット平面
  2. 傾斜平面
  3. 接平面
  4. 中立面
  5. 2つのエッジを通過する平面
  6. 3点を通過する平面
  7. 点で面に接する平面
  8. パスに沿った平面

 

 

 

今回は、Fusion360で帽子掛のモデリングをしながら、
様々な作業面を使って行きたいと思います。

作業面を使って作った帽子掛

 

作業面を駆使して、モデリングをする

まずは、帽子掛のベースを作るために、底面に50mmの正方形を描きます。そして、その正方形をベースにして「オフセット平面」を250mm適用します。

オフセット平面は、基準面から平面を作れる機能です。

この場合は、空中に「作業面」ができます。

底面に50mmの正方形を描く

底面に50mmの正方形を描く

オフセット平面で250mm上空に作業面を作る

オフセット平面で250mm上空に作業面を作る

 

作った「作業面」を活用してモデリングをするために、「スケッチを作成」でスケッチモードに入り直径15mmの円を描きます。

円が描けたら、円と四角を「ロフト」で結ぶと柱が出来上がります。

 

柱ができたら、柱の足元を「傾斜平面」でクリックし、45度角度をつけます。

これで、斜めの「作業面」が出来上がります。

直径15mmの円を描く

直径15mmの円を描く

四角と円をロフトで結ぶ

四角と円をロフトで結ぶ

柱の足元に傾斜平面を45度適用する

柱の足元に傾斜平面を45度適用する

 

そして、作業面に「スケッチを作成」を適用して、直径30mmの円を描きます。

ここで、「スケッチを停止」すると、柱の中にスケッチが食い込んでいるのがわかります。

このままだと、円を選択できません。

そこで、円があるあたりを「左クリック」で長押しするとプロファイルの候補が出てくるので、円を選ぶことができます。

円を選択して、「押し出し」を100mm適用。帽子を描けるフックを作成します。

直径30mmの円を描く

直径30mmの円を描く

左クリックを長押しして候補を出す

左クリックを長押しして候補を出す

100mm押し出しでフックを作る

100mm押し出しでフックを作る

 

続いて、「2つのエッジを通過する平面」を使います。

柱の左右のエッジを選択すると、柱に沿った「作業面」が出来上がります。

そして、作業面にスケッチの内接ポリゴンで、六角形を描きます。

左右のエッジに「2つのエッジを通過する平面」を適用する

左右のエッジに「2つのエッジを通過する平面」を適用する

半径15mmの六角形をかく

半径15mmの六角形をかく

 

次に使うのが「パスに沿った平面」です。

準備のために、原点の側面にスケッチを描けるようにします。そして、3点指定の円弧で、円弧を描きます。

そして、円弧に「パスに沿った平面」を適用します。距離を1にして、先っぽの方まで引っ張ります。

原点の右面にスケッチで円弧を描く

原点の右面にスケッチで円弧を描く

円弧に「パスに沿った平面」を適用する

円弧に「パスに沿った平面」を適用する

 

円弧の先に「作業面」ができるので、そこにも六角形のスケッチを描きます。

そして、「ロフト」で2つの六角形を結びます。この時に先ほど描いた円弧を「中心線」にすると六角形のフックが出来上がります。

半径5mmの六角形を描く

半径5mmの六角形を描く

2つの六角形をロフトの中心線を使って結ぶ

2つの六角形をロフトの中心線を使って結ぶ

 

最後に、いくつかフックを足したら、帽子掛の完成です。

このように「作業面」を駆使することで、様々な角度からのモデリングを行うことができます。

作業面を使って作った帽子掛

作業面を使って作った帽子掛

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。