HOME >>  メーカーズニュース > 3Dプリントした後に、サイズを変えられる?!新素材が開発

3Dプリントした後に、サイズを変えられる?!新素材が開発

3Dプリンターは、一度出力してしまうと形状を変えるのは不可能だと思っていましたが
その限界に挑む研究が発表されました。

ニューハンプシャーのダートマス大学の研究チームは、
3Dプリントした後に大きさや色を変えられる「スマートインク」を開発。

サイズを変えられる3Dプリント

ダートマス大学のChenfeng Ke助教授曰く、「この技術は3Dプリントされた物体に命を与えます。 “多くの3Dプリントは、材料の分子特性を反映しない形状に過ぎませんが、スマートインクは機能性分子を3D印刷世界にもたらします。 さまざまな用途にスマートオブジェクトを印刷できるようになります。」

この新しいプロセスにより、設計者は特定の分子配列と機能を材料に保持し、3Dプリンターで使用するためにこれらの構造を変換することができます。

印刷前と印刷後のプロセスに新しい技術を組み合わせることにより、印刷物を元のサイズの1%にし、解像度を10倍に高めることができます。

蛍光トラッカーでは、物体は光のような外部刺激に応答して色を変えることができます。

プリント後にオブジェクトのサイズを縮小し、機能的な機能を維持し、解像度を向上させることができるため、業務用プリンター並みの高解像度プリントを安価に実現することが期待できるそうです。

ダートマス大学のプレスリリース

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス