HOME >>  電子工作 > Raspberry Pi(ラズベリーパイ) > 持ち歩けるRaspberry Pi学習キット「CrowPi」

持ち歩けるRaspberry Pi学習キット「CrowPi」

Raspberry Piの学習環境を持ち歩けるキット
CrowPi」がキックスターターに登場しました。

Raspberry Piを始めるのは、電子工作初心者のとっては意外と敷居が高く
始めるだけでなかなか大変です。

ディスプレイやキーボードを準備したり、細かい電子部品を買ったり
テスターや工具を買ったり
電子回路の基礎やプログラムやサーバーなどの知識も必要になったります。。

学習設備だけで、なかなかの物量なので、勉強できる場所も限られています。

ラズベリーパイ学習キット

CrowPi」はその辺の設備が用意されており、Raspberry Piをセットして
ブレットボードにワイヤーをつなぐだけで学習ができるように準備されています。(かなり長いジャンパーワイヤーが必要そうですが)

セットボードには超音波距離センサー、LCD、振動センサー、音声センサー、ライトセンサー、温湿度センサー、モーションセンサーなどとセンサー類も一通りセットされています。

しかも、ケースに全て収納できるので、持ち歩くことが可能です。

ブレットボードに接続すると使える

持ち歩けるラズベリーパイ学習キット

対応しているラズベリーパイは、Raspberry Pi 2B、3B、3B+、Zeroです。

「CrowPi」は単独でもパソコンとして使えるようになっており
Raspberry Piの学習環境を持ち歩けるという意味でも便利そうです。

パソコンとしても使える

記事を書いている現在では、320万円の目標に対して、350万円の資金が集まっています。

ラズパイなしの、「CrowPi」のベーシックキットの価格は日本円で約1万6千円です。
※自分でセットを揃えると考えると、画面だけでも1万円ぐらいはするので安いと思います。

ちなみに、「CrowPi」は、日本でも購入が可能ですが
プロジェクトのページを見ても、対応言語が明記されてないですね。

基本的には電子パーツや電子工作のキットセットなので
言語はあまり関係ないと思いますが。。

手引きは英語板だけかもしれません。なので、多少は知識がある人が買ったほうがいいと思います。

プリント板の説明書

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス