HOME >>  電子工作 > Raspberry Pi(ラズベリーパイ) > Raspberry Piでプログラマーじゃなくてもロボットを開発できる「HACO」

Raspberry Piでプログラマーじゃなくてもロボットを開発できる「HACO」

ロボットを開発できる「HACO」

 

Raspberry Piでプログラマーじゃなくてもロボットを開発できる「HACO」が、株式会社Yokiより発表されました。

Raspberry Piでロボットを作るキットなどはすでに存在しますが、難しいプログラムが必要になり
普通の人にはなかなか敷居が高いものとなっています。

今回発表された「HACO」は、レーザーカッターで作られた可愛いボディに
Raspberry Piを搭載したロボット開発キットです。

最大の特徴は誰でもロボットのプログラムができるよう、ブロックとテキストを組み合わせた開発環境「HACRAW」ですね。
「HACRAW」では外部のAPIを使った開発をしたり、作ったソフトをアプリとして公開できるそうです。

なので、開発者じゃなくてもロボットを喋らせるアプリなんかも作れそうですね!

 

HACOの3つの特徴

 

1.レーザーカット

HACOのボディーパーツはレーザーカッターでカットされた木材です。
レーザーカッターや3Dプリンターなど、これから大きな流れを生み出すデジタルファブリケーションの技術を使っています。
そのため、簡単にカスタマイズすることができます。木のぬくもりもたまりません。

 

2.Raspberry Pi

HACOのメインコンピュータは、Raspberry Pi。Raspberry Piは、2016年時点で1000万台以上売れています。Raspberry Piを使ったレシピもたくさん存在します。そんな豊富な情報が集められるカスタマイズ性の高いRaspberry Piを搭載しているのでHACOを使った開発も容易になります。

 

3.汎用的なパーツ

HACOに使われているモーターなどのパーツは、数個からショッピングサイトなどで購入できるものだけを使っています。

そのためにオリジナルでカスタマイズしたいときにも簡単に入手することができます。またパーツの使い方などの情報も豊富なものを使用しているのでカスタマイズが容易です。

 

誰もが使える開発環境『HACREW』

プログラミングというのはとても難しい。多くの人がそう思っているでしょう。『HACREW』はそんなイメージをなくすための開発環境です。

HACREWは、ブロックプログラミングとテキストプログラミングをミックスさせた新しい開発環境です。誰もがHACOのソフトをつくることができます。HACREWは、HACOを動かしたいと思った人すべてに開かれた開発環境です。

誰もが使える開発環境『HACREW』

 

HACREWの3つの特徴

1.ライブラリやAPI

HACREWはライブラリを組み込んだり、外部サービスのAPIを利用したりすることができます。
それによって天気を教えてくれるアプリや調べ物をしてくれるアプリなどをつくることができます。

 

2.感覚的に学ぼう

ブロックを配置して、そのブロックのコードを理解して、書き写す。この繰り返しによって自然にプログラミング言語を身につけることができます。HACREWはプログラミングの学びに最適です。

 

3.世界中に公開しよう

HACREWでつくったソフトはアプリとして公開することができます。公開されているアプリは他のHACOユーザーに使ってもらったり、リメイクしてもらったりすることができます。

 

リリース時期

株式会社Yokiでは、パーソナルロボット『HACO』の出荷を2018年11月、同時期にHACREW公開を予定。それらに先立って、2018年夏ごろにHACOの先行予約販売を行うそうです。

 

本リリースについての問い合わせ先

株式会社Yoki

設立:2017年2月15日
URL : https://www.yoki-jp.com/
​代表取締役:東出風馬
事業内容:パーソナルロボットのハードウェアおよびソフトウェアの開発、製造、販売
ミッション​:この上なく優しい情報端末をつくる

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス