HOME >>  メーカーズニュース > Raspberry Pi ゼロに、簡単に機能を足せる拡張基板「ゼロワン」登場!

Raspberry Pi ゼロに、簡単に機能を足せる拡張基板「ゼロワン」登場!

bit01

ビット・トレード・ワン、よりRaspberry Pi Zeroに簡単に機能が追加できる、「ゼロワン」シリーズが7月6日に販売されます。

Raspberry Pi Zeroは、小さなボディにパソコン並みの高性能マイコンです。

最近は小型IOT機器の試作にも盛んに使われていますが、センサーなどの部品を載せるには
別途回路を作る必要があるため、試作品が結構大きくなってしまします。。。

しかし、「ゼロワン」シリーズを使えば、回路を作らなくても、ラズパイゼロにセンサーなどを追加することができます。

今回販売されるのは、以下の5種類です。

サーボ拡張ボード

ゼロワン
サーボ拡張基板

1台のPi Zeroから2つのサーボモータを独立制御可能。

エンコーダー

ゼロワン
ロータリー
エンコーダ拡張基板

高精度測定。ロータリーエンコーダを接続するだけで、簡単に測定が可能です。

 

センサー

ゼロワン

温湿度気圧センサ拡張基板

ボッシュ社の BME280 を搭載したセンサモジュールで、温度、湿度、気圧の3つの環境情報を同時に測定できます 。

 

赤外線

ゼロワン
焦電型赤外線センサ拡張基板

ドーム型フレンネルレンズにより 120 度の広範囲な検知が可能です。簡易な防犯や見守りシステム製作を容易にします。

 

ソレノイド拡張基板

ゼロワン ソレノイド拡張基板

選べるソレノイド電源。ラズパイ Zero から 5V 電源供給のほか、外部から 12V2A までの電源供給に対応。

 

各製品ともサンプルコードも用意されており、ビットレートワンのサイトで作例も紹介されています。

 

詳細はビット・トレード・ワンのサイトへ

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス