HOME >>  メーカーズニュース > Formlabsが、ジュエリー用の新素材「Castable Wax Resin」を発売開始

Formlabsが、ジュエリー用の新素材「Castable Wax Resin」を発売開始

castable-wax-hero.jpg.1354x0_q80_crop-smart
光造形プリンターForm2のメーカーであるFormlabsより
3D印刷用ジュエリー樹脂の新ラインナップ「Castable Wax Resin」が発売されました。

この新しいワックスは、3Dプリントした後にインベストメント鋳造(ロストワック法の一種)に使用しても灰が残りずらい素材になっています。

フィッティング用の試作づくりだけでなく、最終製品の製造にも適しているそうです。

Castable Wax Resinは、従来のワックスよりも再現性に優れており、細かいディティールを
積層痕を残さずに仕上げることが可能となっています。

filigree-detail rings-build-platform

造形物は十分に硬化された状態で出力されるので、UVによる2次硬化も不要です。
出力された後は、イソプロピルアルコールで洗浄することで、ベタつきも無くすぐに使用することができます。(この辺は従来素材の問題点でした)

Castable Wax Resinは20%のワックスを含んでおり、灰が残らないクリーンで簡単なキャスティングが可能です。(鋳造してくれる業者さんが増えそうです)

標準的なバーンアウトスケジュールまたは8時間の短いバーンアウトスケジュールに適しているそうです。

Form2での使用に最適化されているので、Form2ユーザーには良い選択肢が増えましたね。
日本での発売が7月末が予定されています。

出典:Grow Your Jewelry Business With Castable Wax Resin

jewelry-ecosystem-form-2

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス