Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  3Dプリンター > ついに自宅で大量生産が可能となる?!卓上射出成形機が登場!

ついに自宅で大量生産が可能となる?!卓上射出成形機が登場!

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

いまブームの3Dプリンターですが、iPhoneケース程度でも3時間ぐらい積層時間がかかり、量産には不向きなのが問題点です。

しかし、Kickstarterにそんな問題を解消する、卓上型の射出成形機が登場しました。

Bench Model Plastic Injection Machine」は、金型を使い、3Dプリンターよりも早く正確に成形することが出来ます。

ディスクトップ型射出成形機自宅で射出成形機

普通金型を作るとそれだけで200万円とか普通にしますよね。
しかし、「Bench Model Plastic Injection Machine」は、アルミニウムを金型として使うのが特徴。

加工しやすいアルミを使う事で、CNCで自分で金型を作って加工するという趣向のようです。

Kickstarterでの目標は1万ドルですが、すでに3万ドル近く集まっていて注目の高さが伺えますね〜

動画をみた限りでは、小さなものを100個程度であれば十分作れそうな感じです。

メーカーズ 金型射出成形機 卓上

自宅で大量生産できるKickstarterプロジェクト格安で金型づくり

 

こういう射出成形機が出てくるとは思っていなかったのですが、
自宅でも大量生産ができるようになるかも知れません!

一人MAKERSを目指す人にオススメの2冊

3Dプリンターや射出成形機をつかって、MAKERSを目指したい人にオススメの書籍をご紹介。
あまりちゃんと読んでないクリス・アンダーソンの「MAKERS」。これを読むとなぜMAKERS革命と言われてるのかが分かります。

あとは、日本家電ベンチャーのcerevOの岩佐さんがクラウドファンディングについて書いた本。
Kickstarterでの資金調達の仕組みから、モノ作りのプロセスが分かって面白いです。


 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:5月27日・28日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ