HOME >>  3Dスキャナー > MakerBotからディスクトップ型の3Dスキャナが発売開始

MakerBotからディスクトップ型の3Dスキャナが発売開始

低価格3Dスキャナ

MakerBotからディスクトップ型の3Dスキャナ「Digitizer Desktop 3D Scanner」の発売が開始されましたー
現在は予約受付の状態で、出荷は10月中旬になるそうです。

価格は本体が1,400ドル、1年間のサポート費用が150ドルです。

3Dスキャナーのデータ

MakerBotの3Dスキャナ

「Digitizer Desktop 3D Scanner」は、ターンテーブルに物体を置いて20.3×20.3(直径×高さ)の大きさまでスキャンすることが出来ます。

読み取りの表面解像度は0.5mm、スキャン時間は約12分です。対象物の色を読み取る事はできません。

従来は100万円以上した3Dスキャナにも低価格の機種がでてきましたね。
3Dデータは、まだまだ敷居が高い世界なので、フィギュアとかアクセサリーなど
スキャナが活躍するシーンが多いと思います。

スキャナの低価格化で、新しいモノづくりに拍車がかかりそうですね〜

 

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:3月25日・26日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ