HOME >>  メーカーズニュース > 45万円の低価格光学造形3Dプリンターが10月に発売

45万円の低価格光学造形3Dプリンターが10月に発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

低価格の光学造形3Dプリンター 低価格の光学造形3Dプリンターのサンプル

システムクリエイトが、台湾製の光学造形3Dプリンター「MiiCraft(ミークラフト)」45万8850円で発売します。

いまブームの低価格の3Dプリンターは熱溶解積層型が中心ですが、構造的に解像度に限界があり仕上がりが荒い事が問題点。

対して、大手企業を中心に導入されている高精細な光学造形方式の3Dプリンターは、最低数百万円からとかなり高いのです。

10月1日から発売される「MiiCraft」は、解像度0.05mmと高級機並の表現ができるのが特徴。本体の寸法は20.5×20.8×35.5cmとディスクトップサイズです。ただし、造形サイズは、4.3×2.7×18cmとだいぶ細長いです。

MiiCraft(ミークラフト)の筐体

価格的に同程度の米国製の光学造形プリンター「Form1」と比べると、
造形サイズがかなり小さいのが見劣りしますかね。。。

日本企業から発売されるのでサポートが受けやすいのと、個人で微細パーツを作るのには向いてそうだと思います。

初めてでも出来る! 3DCADで自由なモノづくり

3Dプリンターはただの箱。3Dでのモノづくりを始めるには、3DCADが必須です。
ただし、プロ向けの3DCADは100万円以上と高額すぎるのが難点でした。

しかし、低価格で感覚的なモデリングの出来るCADソフト「Fusion360」の登場が、 メイカーズのモノづくりに変革を起こします。


■自由な感覚でモデリング出来る、低価格CADを学べる!

1.日本初の、Fusion360を学べる3DCADスクール。
2.幾何学的な工業製品から、フィギュアのような自由も作れる。
3.実際のモデルを作りながら学べるので、CADが初めてでも大丈夫。


  ■開催日
・ベーシックコース 12月20日(土) 13時〜17時半 【満員です】
・アドバンスコース 12月21日(日) 13時〜17時半 【満員です】
  詳細はこちらへ

  ■実際にモデルを作りながら学べる 3DCAD講座入門の課題1 3DCAD講座入門の課題2 3DCAD講座入門の課題3 3DCAD講座入門の課題4
詳細はこちらへ

 


Facebookページに参加しませんか!

『メイカーズ・ラブ』は「色々な分野のクリエイターがMAKERを目指す」ためのサポートメディアです。

様々な分野で経験を積んだクリエイターの方々が、“新しい物作り” に参加するため

・3Dプリンターや3Dソフトなどの情報
・ものづくり入門ノウハウ
・MAKERS向けのセミナー

など、幅広く最新の情報を発信しています。

 

最新記事のチェックにはTwitterが便利です。

更新情報を必ずツイートしています。どうぞ、フォローしてください。