HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 素材 > 大田区の町工場が作った3Dプリンターがデビュー

大田区の町工場が作った3Dプリンターがデビュー

大田区町工場の国産3Dプリンター DS1000

11月上旬に大田区の町工場が作った3Dプリンター「DS1000」が発売されます。10月24日には、モノ作りコワーキングオフィスのMONOで製品発表会を行うそうです。

「DS1000」は、スマイルリンク(大田区)とディビジョンエンジニアリング(横浜市)が共同で開発。特徴としては、積層ピッチが最大0.05mmと細かく、素材にPLA、ABS、ナイロンが使えることですね。
価格は175,000 円(税抜)です。

国内で買える3Dプリンターはいくつかあるので
こちらで比較してみてください。

スペックを見ると精度が高いものは作れそうですが、プリント面積が10.5×10.5×10.5cmなので、小さなものを作るのには向いてそうですね。

さらに、「DS1000」は、日本語のマニュアルやセットアップ動画を用意して、一般ユーザーにも使いやすいことを目指しているそうです。

ただ、リリースやプリターの形をみると、オープンソース3DプリンターのRepRapを使った製品だと思うので、これって使いだしてのトラブルも多いんですよね〜

その辺のサポート体制なども気になるところです。

 

■主なスペックはこんな感じです。

  • 最大造形サイズ 105×105×105mm(幅×奥行×高さ)
  • 利用できる素材 PLA,ABS,ナイロン(推奨フィラメントあり)
  • 積層ピッチ 0.05mm~0.35mm
・入力データ形式 STL
  • 価格 175,000 円(税抜)
  • 電源 100V-240V 50/60Hz
  • 外形寸法 幅 270×奥行 280×高さ 255mm
  • 本体重量 約 5kg
  • ファイルデータ転送方法 USB2.0
  • サポート OS Windows 7/ Windows 8
  • 2 色フィラメント(250g+250g)同梱
 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス