HOME >>  3Dプリンター > 5色のカラーを出力できる3Dプリンターが登場!

5色のカラーを出力できる3Dプリンターが登場!

Kickstarterの3Dプリンタープロジェクトで5色のカラーを同時に出せるプリンター「MH3000」が資金調達に成功。
目標金額を466%上回り、166,592ドル(1600万円)が集まる人気のプロジェクトとなっています。

しかし、メインの紹介動画にはあまり情報が無く、しかも5色をプリントもしていません。。。

今のところ公開されている、筐体のサーフェイスを見ると5台のエクストルーダーをノズルの上に設置して、多色フィラメントを送り出す構造のようです。

5色をプリントできるカラー3Dプリンターの構造

 

MH3000の造形物 MH3000の多色造形物

 

かなり幅が狭い謎の映像で、実際に動いているシーンをみることは出来ますが、実際どういうモノになるかはいまいち分からないですね〜

MH3000の多色エクスプローダーMH3000造形中の映像

 

スペック的には、プリント面積がMakerbotのReplicatorよりもやや大きく
解像度は0.05mm(50ミクロン)と詳細になっているようです。

それにしても、この段階で目標額を大きく上回る資金調達が出来ているということは
カラー系の3Dプリンターに注目が集まっているってことですね〜

 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ