HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター「atom」を組み立てるセミナーに行ってきた

3Dプリンター「atom」を組み立てるセミナーに行ってきた

葉が落ちる瞬間を見ると、なんだか切なくなる石丸こと「まる(ニックネーム)」です。
今回の記事は、以前、このサイトで沢山記事を書いてる「佐々木」が過去に参加した「3Dプリンターはミニ四駆か? 「atom」組み立てセミナーに参加してきました」とセミナーに参加させて頂いたので、ご報告したいと思います。

まず、内容を書く前に、自分の自己紹介をさせて頂きます。
自分は、工業系の学校出身で、メカニカルなものに対しては、強い方です。ものづくりも大好きで、会社の家具は8割作ったりしています。
そんな、僕が3Dプリンターの話を聞いたのは、2013年の3月くらいで、佐々木からでした。話を聞いた時、正直あまり興味がでなく、その最大の理由は、制御系の物はとにかくメインテナスが大変だと、過去の経験からよーく知っていたからです。
そんな中、あっという間に3Dプリンターの値段が下がり、組み立てキットなるものを身近な人間が購入してるのを見て、段々と興味がでたあたりで、ありがたい事に、このセミナーに参加できた次第です。

トイウコトデ、長くなりましたが、セミナーの内容です。
時は2013年11月23日(土)10:00、セレブが集う広尾にある、genkei社にやって来ました!

すでに机の上はすでに、スタンバイ状態!!
しかも綺麗に並んでますねぇ・・

朝日が眩しい、作業場兼、genkei社のオフィス

朝日が眩しい、作業場兼、genkei社のオフィス

 

今回、セミナーの講師をしてくれる、お二人です。

体脂肪率が10%くらいの、イケメン千村さん

体脂肪率が10%くらいの、イケメン千村さん

笑顔がとっても素敵な内村さん(右上)

笑顔がとっても素敵な柳澤さん(右上)

お互いの自己紹介と雑談をしていると、セミナーが開始したのである。

大きくセミナー内容を分けると、こんな感じ進行しました。

1.本体の組み立て(約4時間)
3Dプリンター本体の組み立て

2.パソコンと3Dプリンターの設定(1時間)
3Dプリンターを基板につないで、PCに認識させる

3.ソフトの説明(2時間)
認識した3DプリンターをPCからコントロールして、初期設定等を行う

ワークの作業風景1

ワークの作業風景2

なんですが、内容については割愛します(笑)!!
セミナーの内容は、文頭にある佐々木の記事をご覧ください。

実は特出したい事があったので、そっちを書きたいのだ。

そう、頑張って、自作して、何事もなく終わった人は、少々もったいないと思う。
あいにく、僕の機体は、偶然にもこんな感じのトラブルに見舞われた。

1.ヘッドの温度があがらない
基板の回路がおかしかった。かなりレアなケースらしい。

2.印刷時だけ、素材が押し出されなかった。
可変抵抗の電圧が足りなかった。

3.無事温度が上がって印刷できたが、印刷物にムラがあった。
ヘッドの温度センサーの差し込み具合が悪かった

そう、重要なのは、問題を解決方法を、目の前で見れた事なのである。

3Dプリンターはまだ発展途上の段階だ。すなわち、印刷する素材、印刷する物、そのための設定、これらを何度もトライして、印刷をする。当然印刷には時間がかかるので、少しずつ経験値が溜まっていく。つまり莫大な時間がかかるのだ。これらを乗り越えるには、忍耐力、好奇心、学習能力これらが備わって、優秀なエンジニアへと成長していく。
すなわち、良きエンジニアは、これらの経験をもとに、問題をうまく切り分け、解決していくのだが、今日のお二人の底力を間近で見れたわけである。こんなラッキーなことはない。
当然、僕の機体は、すべての問題を解決して、正常稼働している。

もう一度言う、3Dプリンターは発展途上である。そして、安定するまでは物理的に時間がかかる。
なので、市販品を買っても、恐らくトラブルに見舞われるのだろう。
ならば、安定した製品が出るまで、自分で作って、機構を理解し、その後、印刷トラブルがあっても親身に相談できる優秀なスタッフがいる、Genki社の自作キット3Dプリンター「atom」を選択するのは「あり」では無いだろうか?

中から、メイカーズ・ラブ石丸、ワークに参加した学生さん、genkei千村さん、内村さん

中から、メイカーズ・ラブ石丸、ワークに参加した学生さん、genkei千村さん、柳澤さん

最後に、長い時間でしたが、親切丁寧にありがとうござました。
この場をもってお礼とさせていただきます。

▼genkei
HP
積層型3Dプリンターatom のスペック等

GenkeiとMakers Loveのコラボキャンペーンで組み立てセミナーが半額に

 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ