HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > iPhoneケースのベースデータをダウンロード提供

iPhoneケースのベースデータをダウンロード提供

オリジナルiPhone5ケース、NyaiPhoneが完成しました

以前連載した以下の記事で作ったにゃんこ模様のiPhoneケースと
自分で加工も出来るiPhoneケースのベースデータをダウンロードできるようにしました。

<連載はこちら>
【第1回・デザイン編】にゃんこ模様のiPhoneケースをゼロから作る
【第2回・CAD編】にゃんこ模様のiPhoneケースをゼロから作る
【第3回・プリント編】にゃんこ模様のiPhoneケースをゼロから作る

ダウンロードできるのはこちらのにゃんこ模様のiPhoneケースのSTLデータとそのときに作ったプレーンなiPhoneケースのSTEPデータです。

 

まずは、にゃんこケースのSTLデータ

にゃんこ模様のiPhoneケースのSTLデータ にゃんこ模様のiPhoneケースのSTLデータ

連載で作ったにゃんこ模様のiPhone5S用ケースデータです。
低価格の3Dプリンターを想定しているので0.2mmのクリアランスです。

実際にプリントしてみるとiPhone5Sにかっちりハマります。

3DプリントしたiPhoneケースを装着 3DプリントしたiPhoneケースがはまりました

 

次に、iPhoneケースのベースSTEPデータ

iPhoneケースのツメ iPhoneケースの STEPデータ

STLは加工するのが難しいですが、STEPになっていればCADソフトがあれば
いろいろ加工ができます。このデータはツメ部分は分離してあるので、使い勝手は良いと思います。

そして、低価格の3Dプリンターでプリントすることを考慮し0.2mmのクリアランスをもうけているデータです。

低価格の3Dプリンターを持っている方はダウンロードされて
自分の好みの柄を付けて使うなどされてはいかがでしょうか〜

以下のフォームへご入力いただくと、両方のデータをまとめてダウンロードできます。

姓 (必須)

名(必須)

メールアドレス (必須)

 

 

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:8月26(土)&27日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ