HOME >>  3Dプリンター > おーい磯野!電子回路しようぜ!!

おーい磯野!電子回路しようぜ!!

ジメジメしてとっても暑い毎日ですね。
最近、電子回路という分野に踏み出して毎日テンションが上がっている「まる」です。

気軽なタイトルで、二回目となりますが、、ここ最近凄いペースで電子回路スキルが邁進しています。始めるまでは取っ掛かりがマッタクわからず、完全に理解しないと触れちゃぁいけなんだ!!と思い込んでおり中々独学で進まなかったジャンルです。なにせ電気って目に見えないですからね、間違えると発火、爆発、感電のイメージが強いんで、まぁ取っ掛かりくらいは誰かに教わったほうがいいかと思います。

さて、早速ですが先週の続きですね。

キット「はい、マイケル」

先日、このくだりを話したら「何の話ですか?」っと言われジェネレーションギャップを感じて凹みました。。早速脱線しましたが、今日のライトの前に電子回路の基本「タクトスイッチについて」お話します。

タクトスイッチ

このスイッチなのですが、つなぎ方は以下のようになります。

lesson_02_01

いきなり複雑な感じですねぇ。初心者の僕にはなんだかわかりませんが、ネットって便利なもので調べると解説してくれてる方々が沢山いますのでその辺は割愛しますね。
で、このスイッチですが押したら戻る凄くシンプルなものなのですが、これだけなのにプログラム的には三種類の状態を使い分けるのが基本だそうです。
その種類とは

  1. 押したら時だけONになる
    常時電流が流れておらず、押された時に通電される
  2. 押したら時だけOFFになる
    常時電流が流れていて、押された時に切れる。
  3. 押したらONになり、もう一度押すとOFFになる

経験者にはごく当たり前の話なんですけが、たかがON/OFFのスイッチでもルールを決めて誰かが設計しているのですね。
そういう訳で、今回はこの③番目のスイッチを使うので覚えておいて下さい。

ちなみにですが、こちらの解説がとってもわかりやすかったです。
スイッチの入/切でLEDを点灯させます

 
執筆者のご紹介
石丸 紀人 石丸 紀人
メイカーズファクトリー 代表取締役

みんなから「まる」と呼ばれています。気軽にニックネームで読んでくださいな。
運送、引っ越し、音響施工会社、インターネットのコンテンツプロバイダー等を経て、2013年株式会社メイカーズファクトリーを設立。メイカーズの情報サイト「Makers Love(メイカーズラブ)」を運営。
メインはシステムエンジニアだが、モノ作りが得意な侍として活躍中。
アフリカンパーカッション「ジャンベ」奏者でもある。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ