HOME >>  3Dプリンター > 3Dシステムズ > 7万円で買える3DスキャナiSenseの実力とは?

7万円で買える3DスキャナiSenseの実力とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る
3Dシステムズの3DスキャナーiSense

出典:3Dシステムズ公式サイト

 

話題の低価格3Dスキャナーが
日本でも買えるようになりましたー

3Dシステムズから発売されている7万円の3Dスキャナー「iSense」が8月18日に日本でも発売されています。

「iSense」は、iPad AirやiPad miniに付属させるタイプの3Dスキャナーで、7万円という低価格が大きな特徴ですね。

業務用3Dスキャナー Geomagic

業務用3Dスキャナー Geomagic
出典:3Dシステムズ公式サイト

3Dスキャナーは、同じ3Dシステムズから出ている業務用機種のGeomagicのように200万円近いものしかありませんでした。
(インストールとトレーニングを合わせると実質300万円以上になります)

確かに機械部品を再現するなどのリバースエンジニアリングは、業務用の機器が必要ですが、ホビー領域の製品が無かったんですよね。

 

 

 

 結局どのくらいのコトが出来そうなのか?

「iSense」精度としては、分解能が1mm程度と大まかなカタチを取る感じですが、かなり大きなものをスキャン出来ることに特徴があります。
(ちなみに業務用のGeomagicの分解能は0.055mm)

発売に伴い公開された動画をみると、人物や石像、食べ物、ポストなどをスキャンする様子が公開されています。

食べ物をスキャン ライオンをスキャン 石像をスキャン ポストをスキャン

つまり、かなり大まかだけど、、、
かなりデカいモノをスキャンできるわけです。

iSenseでは付属のソフトで、STL、OBJ、PLY形式のデータに出力できます。
分解能が1mmと大まかなのと、OBJに出力出来ることから、CGソフトでの修正はやりやすそうですね。

ちなみに、動画中に生成されているライオン像のデータと3Dプリントされたものは、精度にだいぶ差がありますよね。。。

なので、OBJデータに主力して、CGソフトでの修正という過程を経てると思います。
こういう使い方をためのスキャナとしては、値段的にもありかな〜っと思います。

iSenseでスキャンしたデータをSTLに書き出す

iSenseでスキャンしたデータをSTLに書き出す

3Dスキャナー iSenseで作ったデータを3Dプリント

iSenseで作ったデータを3Dプリント

 

動作環境や主な仕様

■動作環境:
iPad Retinaディスプレイモデル(第4世代)
iPad Air
iPad mini Retinaディスプレイモデル

■販売価格:7万円(税抜き)

■製品仕様

項目 スペックiSense
視野角 水平:45°/垂直:58°
作業範囲 0.4m ~ 3.5m
x/y分解能@0.5m 0.9mm
Z分解能@0.5m 1mm
スキャンエリア Min:0.2×0.2×0.2m / Max:3×3×3m
フレームレート 30fps
出力フォーマット STL、OBJ、PLY

■販売:
販売は3Dシステムズの代理店で、まずイグアスから開始されるようです。

 

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ