HOME >>  3Dスキャナー > 国産初の低価格3Dスキャナー登場!!

国産初の低価格3Dスキャナー登場!!

石丸 紀人 石丸 紀人
メイカーズファクトリー 代表取締役

ドーナツ食いまくりの秋!!
まるです。

低価格なのに、今まで見たことのないタイプの3Dスキャナーが出ましたよー!!
百聞は一見にしかず!!動画を見てください。

あまりの瞬間的な出来事に、思わず「うぉ!」と叫んでしまいました(笑)
いくつかハンディーを名乗るスキャナーがありますが、実際はPCに接続したりするのでスキャニング作業中はノートPCを片手に、スキャナーを片手にと言った感じでした。しかし、これこそ名に偽りがない「ハンディー3Dスキャナー」なのです。しかも国産!!

ガッチリ握手!

ガッチリ握手!

トイウコトデ、今日ボクは茨城県つくばにある「株式会社ノア」までやって来ました。
ご対応いただいたのは、ゴルフ好きの太田様(写真左)とサッカー大好きの長枝(ナガエダ)様(写真右)です。

 

ちょっと普通じゃない3Dスキャナーの登場!!

株式会社ノアが販売している3Dスキャナーは二種類ありまして、まず最初に動画で紹介したハンディータイプと、PCに接続する据置型があります。

Hapimo:3D
–  ハンディー3Dデータキャプチャー  –
IMG_4742 (fcp1) のコピー
こちらは、3Dデータ撮影用センサーとディスプレイが一体になっており携帯性に優れています。取得できるデータは、写真と同様に撮影した瞬間の3Dデータが保存されます。さらに撮影したデータは「WIFI経由」で簡単にPCに転送できる、なんとも至れり尽くせりな仕上がりになってます!

 

Duo
–  リアルタイム3Dデータレコーダー  –
Duo
データ取得のためのセンサーとPCソフトのセットとなっています。

言葉だと伝えづらいのですが、動画同様に3Dデータに時間軸を加えたデータを取得でき、後から特定の瞬間の3Dデータが取り出せるとんでもないツールです。
例えばサッカーの試合を録画し、試合終了後に、ある選手のシュートした瞬間の3Dデータを取り出してフィギア化したい。とかできたりします。個人的に、事故の多い交差点とかに設置したら、今までに無いレベルで解析できたりしますねぇ。

それでも、お高いんでしょ??
って方、、「Hapimo:3D」のお値段は27万5千円です。3Dスキャナーという分野だと破格のお値段ですが、個人で買うには高いですよねぇ・・・でもダイジョブ!!実機を触れるチャンスが有ります!!

 

実機に触れてみよう

気になってしょうがない方、2通りの方法で実機を触る事ができます!!
まずは近日開催される「CEATEC JAPAN」に出店するそうです。

■ CEATEC JAPAN
【開催日】
2014/10/7(火)〜2014/10/11(土)
10:00〜17:00

【出店場所】
幕張メッセ展示ホール4「NEXTイノベーションプラザ内」

「メイカーズ・ラブを見ました!」と言えば、
先着30名様にプレゼント
があるそうなので、是非お声掛けしてみてね!!

もう一つは、DMMでレンタル(有償)できます!!

■ DMMレンタル
Hapimo:3D (3Dスキャナー)

【レンタル料金の目安】
2日:4,840円から
(※2014/10/3現在)

実機を触って「うぉ!!」って叫びにいきましょう!!

 

販売元

株式会社ノア
info@kknoa.co.jp

【本社所在地】
〒305-0044
茨城県つくば市並木3-17-6 ロイヤルシティ並木

【電話】
029-859-1577(本社)
011-299-9757(技術開発センター)

 
執筆者のご紹介
石丸 紀人 石丸 紀人
メイカーズファクトリー 代表取締役

みんなから「まる」と呼ばれています。気軽にニックネームで読んでくださいな。
運送、引っ越し、音響施工会社、インターネットのコンテンツプロバイダー等を経て、2013年株式会社メイカーズファクトリーを設立。メイカーズの情報サイト「Makers Love(メイカーズラブ)」を運営。
メインはシステムエンジニアだが、モノ作りが得意な侍として活躍中。
アフリカンパーカッション「ジャンベ」奏者でもある。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:8月11日・12日 or 9月2日・3日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日・23日 or 9月19日・20日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ