HOME >>  3Dプリンター > 世界初の低価格フルカラー3Dプリンターは、金属も造形できそう?!

世界初の低価格フルカラー3Dプリンターは、金属も造形できそう?!

キックスターターに登場した3Dプリンタープロジェクト「Pandoras」は、2999ドル(約32万円)低価格帯では世界初となるフルカラー3Dプリンターです。

粉末凝固式でCMYKを使えるフルカラープリンターは、低価格帯では初めてですよね!

※訂正 10/5
当初レーザー焼結型だと勘違いして記事を公開しましたが、読者の方から指摘を受け、Zprinterなどと同じ粉末を接着凝固させる方式だと分かりました。(指摘していただいた小薬さんありがとうございました。)

 

フルカラーで3Dプリントされた携帯の外装 フルカラー3Dプリントされたフィギュア 石膏パウダで3Dプリントされた繊細なモデル

 

これは欲しい!「Pandora」の3つの世界初!

 

1.低価格なのにサポート材不要でプリントが出来る

いま低価格帯のプリンターは、プラスティックを溶かして積層していく熱溶解積層式(FDM)が主流です。
しかし、複雑なモデルだとサポート材が大量について、仕上がりが悪くなる場合が多いのです。

「Pandoras」は粉末を接着液で凝固させる方式のため、サポート材は不要です。そうなると、かなり複雑なモデルでも奇麗な積層が可能となります。

 

3Dプリンターの方式別サポート材のつき方

 

 

2.CMYKフルカラーの積層が、低価格で可能となる!

フルカラーの3Dプリンターは、今まで1000万円近くするZprinterだけでした。

そのため、3Dフィギュアなどを一体注文すると5万円以上という高価格になってしまします。
以前、熱溶解積層型(FDM)で、グラデーションぽいカラーを使える3Dプリンター「Pro Deck 3D」をご紹介しました。
そういう疑似カラーっぽい3Dプリンターはありましたが、CMYKが使える低価格のプリンターは世界初です。

このように、Zprinterと同じような方式で粉末石膏を微小水滴噴射で固形化させます。石膏の中からプリントしたものを取り出して、溶液洗浄します。

石膏型プリンターで造形物を取り出すプロセス

フルカラープリントの様子

 

3.低価格なのに、石膏や砂糖など様々な素材を使え、金属鋳造も出来る?!

「Pandoras」がサポートしているのは、石膏・砂糖・紙・ライスパウダーとなっています。

しかし、キックスターターのページを見ると、混合パウダーにより金属を鋳造する鋳型を作れると書かれています。
Pandorasを使い鋳型を作れれば、低温で溶けるアルミや銅などの非鉄金属のパーツの生産も可能となるようです。

 It also can be used as molding through mixing powder from metal material into gypsum or casting it into copper and aluminum alloys .(kickstarter 3DPandoras: The next generation in 3D Full-Color Printing

 

ライスパウダー

ライスパウダー

ペーパーパウダー

ペーパーパウダー

シュガーパウダー

シュガーパウダー

石膏型のプリンターで造形されたスパナ

石膏パウダー

 

粉末凝固プロセス様子

 

「PandoraS」の基本スペックと他社3Dプリンターとの比較

キックスターターのページをみると、開発チームは6年かけてPandoraを作り上げたそうです。

プリント面積は300 × 292 × 140mm、解像度は0.08mmとスペック的にも期待出来ますね。

キックスターターなので一定のリスクはあると思いますが、是非実現して欲しいプロジェクトです!

 

3D Pandorasと競合プリンターの比較表 方式別の3Dプリンターの比較表

 

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:8月11日・12日 or 9月2日・3日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日・23日 or 9月19日・20日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ