HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 素材 > スポンジになる?!3Dプリンター用のフィラメントが登場

スポンジになる?!3Dプリンター用のフィラメントが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

熱溶解積層型(FDM)のプリンターは、いろいろな素材が使えるのが魅力の一つですよね。

先日オランダの3Dプリンター用フィラメントメーカー、フォームフーツラが販売を開始したLay-Fommは、なんとスポンジのような特性をもつ不思議な3Dプリンターフィラメントです。

しかし、スポンジをノズルから積層するのって難しそうですが
いったいどんな仕組みのフィラメントなのでしょう??

まず、Lay-Fommは最初はプラスチックと区別のつかない状態で、
積層当初はプラスティックと同じように固いままです。

そして、数日水に浸すことでスポンジのように柔らかくなります。

スポンジ状の3Dプリンター用フィラメント

最初はプラスチックと同じく固い

Formfuturaを水に数日浸す

Formfuturaを水に数日浸す

Formfuturaがスポンジのように柔らかくなる

スポンジのように柔らかくなる

スポンジのように水に浮く

水に浮く

スポンジのように色素を吸い込む

スポンジのように色素を吸い込む

 

このLay-Fommは、水溶性のPVAとゴム状の弾力を持つ工業素材エラストマーの合成フィラメント。

素材の表面に沢山の穴があいており、水溶性のPVAが水に溶け出します。
後にエラストマーが残ることで、スポンジのような素材感を3Dプリンターフィラメントとして実現しています。

PVAが溶け出して穴が開いた状態

素材の価格は28.95ユーロ(約4000円)と、それほど高くはありません。
サイズも1.75mmと2.85mmの2種類があり、atomなどのRepRap系のプリンターでは使えそうです。

フォームフーツラの公式サイト
http://www.formfutura.com/

今は、RepRap系のプリンター向けに色々な素材が登場しています。

先日国産3DプリンターメイカーのGenkeiさんが、ゴム状のフィラメントで靴の作成をおこなっていましたが、こういう新しい素材を使う事で、今までに無いモノ作りができそうですよ♪

3Dプリンターで靴を出力

出典:Genkei facebookページ

ゴム状の3Dプリンター用フィラメント

出典:Genkei facebookページ

ゴムのような弾力のあるフィラメントで3Dプリントする

出典:Genkei facebookページ

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ