HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 素材 > ディスクトップ型の電子回路プリンターが、予約を開始!

ディスクトップ型の電子回路プリンターが、予約を開始!

3Dプリンターブームの次に来そうなのが、電子工作ではないかと思っています。
やはりIOT(モノのインターネット)で、機能のある製品をつくろうとすると電子回路は欠かせないのです。

しかし、Aruduinoなどを使って電子工作をするのは結構大変。

ブレットボードで組んだ回路を、ハンダ付けで作るのは数日を要する作業なのです。さらに、ちゃんとした基板にしようとすると、危険物の感光液を使う必要もあります。。。

 

電子回路をプリントするSquink

そんなメイカーズの悩みを解決してくれるのが、BotFactoryが予約を開始した電子回路プリンター「Squink」です。
キックスターターでの資金調達に成功した製品ですが、来年の4月から出荷が開始されます。

 

通電性のインクで薄いものにもプリント可能

通電性のインクで薄いものにもプリント可能

通電性のインクでハンダ付け不要

通電性のインクでハンダ付け不要

 

電子部品を持ち上げる

電子部品を持ち上げる

電子部品も設置してくれる

電子部品も設置してくれる

 

 

「Squink」は、電子回路をプリントする卓上型プリンター。
このプリンターを使えば、いままで数日かかっていた回路の試作が1時間もかからず出来てしまします。

印刷方式はインクジェットで、通電性インクつかって電子回路をプリントします。
そのため、紙のような素材にもプリントすることが可能です。

さらに、基板に電子部品を設置するのもやってくれるのが未来を感じますね〜

価格は3500ドルでの出荷が予定されています。
電子回路の設備を個人が買える時代がやってきたようです!

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス