HOME >>  3Dプリンター > 3Dシステムズ > そろそろ買いか?! 3Dプリンターの価格 比較表

そろそろ買いか?! 3Dプリンターの価格 比較表

熱溶解積層法3Dプリンターの価格 比較表

現在売られている個人が購入出来るレベルの3Dプリンターの価格を一覧にしてみました。
前半は積層法3Dプリンター、後半は光学式3Dプリンターをご紹介します。

さらなる詳細は買う前の参考に!低価格3Dプリンターの比較を見てください。

replicator2x

replicator2x
価格:2,799ドル
詳細へ

3Dプリンター 組み立てキット

atom 3Dプリンター
価格:12万9800円
詳細へ

SCOOVO(スクーボ) 日本製3Dプリンター

SCOOVO
価格:18万9000円
詳細へ

Np-Mendel 韓国製3Dプリンター

Np-Mendel
価格:15万9,000円
詳細へ

 

solidoodle3

solidoodle3
価格:799ドル
詳細へ

Afinia H-Series

Afinia H-Series
価格:1,599ドル
詳細へ

Cube

Cube
価格:16万円
詳細へ

Type A Machines: Series 1

Type A Machines: Series1
価格:1,400ドル
詳細へ

MakerGear M2

MakerGear M2
1,730ドル
詳細へ

Printrbot LC

Printrbot LC
価格:627ドル
詳細へ

Blade-1

Blade-1
価格:13万円
詳細へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


光学造形方式の3Dプリンターの価格 比較表

B9creator

B9creator
価 格:50万円
詳細へ

Form1

Form1
価 格:3,299ドル
詳細へ

 

 

 

 

 

 

 


低価格3Dプリンターのスペック一覧表

日本で買えるプリンターも増えてきましたが、価格や解像度などのスペックは各社まちまちです。
目的に合わせて検討するために主要なスペックの一覧表を作りました。

メーカー 商品名 価格 造形方式 解像度 プリント面積
Makerbot社 replicator2X 2,799ドル 熱溶解積層法 0.1mm 25×15×15cm
Genkei atom 3Dプリンタ 12万9800円 熱溶解積層法 0.025mm 13.5×14×14cm
Np-Mendel社 Np-Mendel 15万9,000円 熱溶解積層法 0.1mm 18×18×16cm
オープンキューブ SCOOVO 18万9000円 熱溶解積層法 0.1mm 17.5×15×15cm
Solidoodle社 Solidoodle 3 799ドル 熱溶解積層法 0.35mm 20×20×20cm
Afinia社 Afinia H-Series 1,599ドル 熱溶解積層法 0.15mm 13.9×13.9×13.5cm
3Dシステムズ社 Cube 16万円 熱溶解積層法 0.2mm 14×14×14cm
3Dシステムズ社 CubeX 41万7900円 熱溶解積層法 0.1mm 27.5×26.5×24cm
MakerGear社 MakerGear M2 1,730ドル 熱溶解積層法 0.02mm 20.3×25×20.3cm
Printrbot社 Printrbot LC 627ドル 熱溶解積層法 不明 15.24×15.24×15.24cm
Type A Machines Type A Machines 1,400ドル 熱溶解積層法 0.05mm 22.9×22.9×22.9cm
Hotproceed Blade-1 13万円 熱溶解積層法 0.2mm 10×10×10cm
B9creator B9creator 50万円 光学造形方式 0.05mm 10,2×7,6×20,3cm
formlabs社 Form1 3,299ドル 光学造形方式 0.025mm 12,5×12,5×16,5cm

 

3Dプリンターを勉強する オススメ書籍3册!

意外にちゃんと読んでる人が少ない、クリス・アンダーソンの「MAKERS」。よく読むと、なぜこの本や3Dプリンターが注目されたかが分かります。
あとは、水野操さんの3Dプリンターや自宅でのファブリケーションについて書いた本もオススメ。
上の記事で触れた3Dプリンターの仕組みや評価ポイントがよく分かりますよ。

 

 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ