HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【CADで作ろう1】Fusion360で鏡餅を作ってみた!

【CADで作ろう1】Fusion360で鏡餅を作ってみた!

Fusion360で鏡餅を作る

みなさま、明けましておめでとうございます。 お正月に、最近使い始めた3DCAD「Fusion360」でのモデリングをしてみました。

Fusion360」は、以前もこちらで紹介しましたが、3DCADの問題点を解消している まさに待ち望んでいたソフトなのです!

無料じゃないけど凄い3DCAD「Fusion360」が登場

今回は、鏡餅を作ってみたのでモデリングのプロセスを簡単にご紹介します。

 

Fusion360だとこんなモデリングもサクサク

まずは、「Fusion360」で餅を作ります。楕円を重ねて削っていく感ですね。

かなり簡単に、餅とみかん部分が完成しました。 このデータは3Dプリントするのが前提なので、中身はシェルでくり抜きました。

Fusion360の使い方

Fusion360の使い方2

鏡餅とみかんの部分を作る

Fusion360でシェル

3Dプリントするのでシェル化でくり抜く

 

 

次に、みかんの葉っぱを作っていきます。 「Fusion360」の特徴の一つですが、曲面構造がかなり作りやすいのです。

まず、元になるサーフェイスを作ります。 そして、それを葉っぱの形に切り抜いてソリッドにします。

みかんの葉っぱぽくなりましたよね。

Fusion360で曲面を作る2

元になるサーフェイスを作る

Fusion360で曲面を作る3

くり抜いて立体化する

Fusion360で曲面を作る

みかんの葉が付きました!

 

イラストレーターのデーターも簡単読み込み!

最後に台座作りですが、せっかくなのでオリジナリティを加えたいですよね。
なので、イラストレーターで作ったメイカーズ・ラブのロゴデータを取り込みんでみました。

Fusion360」だと、SVGでベジェ曲線のデータを取り込めるのは便利ですね♪
取り込んだデータを使い、ブーリアン演算で台座をカットして穴を開けます。

3DCADにillustratrのデータを読み込む2

台座を作りました

3DCADにillustratrのデータを読み込む

イラストレーターのデータを取り込み

 

3DCADにillustratrのデータを読み込む4

illustratrのデータを読み込んで、穴を開ける

 

という分けで、あっという間に「Fusion360」で鏡餅が完成です!(作業時間は30分ぐらいです)
いままで難しかったCADでのモデリングが「Fusion360」だと、すんなり出来ることが驚きですね〜

ソフトの使い方講座は、毎月開催しています。
日程がきまったら、メイカーラブでも告知しますね!

3Dプリントすることを考慮してデータを作成したので 次回は鏡餅の3Dプリントに挑んで見たいと思います!

Fusion360で鏡餅を作る4

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス