HOME >>  3Dプリンター > 【爆速の商品開発】Fusion360で革命的なPCスタンドを作ろう! ーその1ー

【爆速の商品開発】Fusion360で革命的なPCスタンドを作ろう! ーその1ー

革命的なPCスタンド

低価格で高機能の3DCAD「Fusion360」で、サクッと商品開発にチャンレンジしてみました。
今回のテーマは身近な問題の解決です。

本やマニュアルを読みながら、PCを使うことって多いですよね。
特に、技術系の本は分厚いので、閉じないように押さえる必要もあります。

さらに、大きな本は邪魔になりますよね〜

いま行っている3DCADセミナーでも、膝の上にマニュアルを乗せながら
キーボード叩くのは大変なのです。

大きな本が邪魔

というわけで、本を収納できるPCスタンドを開発してみます!

まずは、デザインです。
プロダクトの開発としてはシンプルが良いと思ったので、サックとこんな感じにしました。

 

革命的なPCスタンドのデザイン

Fusion360なら、モデリングも修正も簡単!

普通はこういうシンプルな製品でも図面を作って、厳密に寸法を決めます。
でも、Fusion360だとあとあとの修正も効くので、いきなり3DCADデータの作成に入ります。

まずは外観をスケッチで書いて、押し出すだけです。
さらに、フェレットで角を丸めておきます。

 

まずは、元になる形をスケッチで書く

まずは、元になる形をスケッチで書く

フェレットで角を丸める

押し出してソリッドにした後、フェレットで角を丸める

 

作ってみると、ちょっと剛性が弱そうな構造ですね。。。

しかし、Fusion360であればソリッドにした後でも
全然寸法や大きさの修正が可能です。

エッジの部分を移動するだけで
簡単に床との接地面とアーチの部分を厚くすることができました。

なんか剛性がなさそう

なんか剛性がなさそう

ドラックすれば簡単にサイズも修正できる

ドラックすれば簡単にサイズも修正できる

荷重がかかりそうな部分を、簡単に厚くできた

荷重がかかりそうな部分を、簡単に厚くできた

 

Fusion360で、簡単シミュレーション!

だいたい出来上がったところで、Macbookのデータを使って
シミュレーションをしてみます。

Fusion360はOBJのデータも読み込めるので
CGのデータを活用することも出来て便利なんですよね〜

スタンドを2つ並べて、上にMacBookを乗せてみましたが。
なかなかいい感じですね!

これなら、本を下に収納しながらPCでの作業ができそうです。

Macbookをスタンドに載せてみた Macbookをスタンドに載せてみた2

 

構想からデータ完成まで、だいたい1時間程度でしょうか。
Fusion360なら、こんな感じで商品開発も出来てしまいます。

次回は、作ったデータを3Dプリントしてみようと思います♪

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス