HOME >>  3DCAD > 【作ってみよう】3DプリンターでiPadをパソコン化するスタンド作り!

【作ってみよう】3DプリンターでiPadをパソコン化するスタンド作り!

海外で有名な3Dプリンター用のデータの共有サイト「Thingiverse」では、いろいろな3Dデータがアップされています。

見ているだけで楽しいサイトなんですよね〜

最近、無料3DCADの「Fusion360」がだいぶ使えるようになってきたので、自分でも作れそうな事例をご紹介します。

テーマは、最近個人的に買ったiPadスタンドです。

 

オールドMacintosh スタイルの ドック
昔ながらのMacユーザーには懐かしい、オールドスタイルMac風のiPadスタンドです。
こうなっていると、パソコンっぽく見えますね。

データ元はこちらへ

Mac風のiPadスタンド

Mac風のiPadスタンドの3DCADデータ Mac風のiPadスタンドの3Dデータ

 

iMac風スタンド
少し前のiMacのデザイン風のiPadスタンド。ここまで作ると本当にパソコンみたいです。
データ元はこちらへ

iMac風のデザインのiPadスタンド

iMac風スタンドの3DCADデータ iMac風スタンドの3DCADデータ

 

Apple  Keyboard ホルダー
Apple純正のキーボードと、組み合わせて使うパターンのデータ。これは、かなり実用的な感じですね。

データ元はこちらへ

アップル純正キーボードホルダー

アップル純正キーボードホルダーの3Dデータ

 

Octopus Tablet
かなりアーティスティックな感じのiPadスタンドです。こういう有機的な形も面白いですね。

データ元はこちらへ

オクトパス型のiPadホルダー

オクトパス型のiPadホルダーをプリント オクトパス型のiPadホルダーの3DCADデータ

 

「Thingivese」は、ダウンロードもできるので3Dデータを作る参考になりますよ。

ちなみに、少し前は3Dソフトは、何を使えばよいのやらという感じでした。
そして、3Dプリントして、iPadをカッチリはめようとすると高額な3DCADが必須だったのです。

しかし、最近メイカーズ・ラブでおすすめしているAutodeskの実質無料3DCAD
Fusion360」を使えば、割りと簡単に作れてしまいます。

こういうユニークなモノづくりが日本でも広まっていくと楽しいですよね。

 

Fusion360の解説記事はこちら

 

 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ