HOME >>  3Dプリンター > 机の上で使える!基板プリンターが4000万円を獲得

机の上で使える!基板プリンターが4000万円を獲得

3Dプリンターの次にブームが来ると言われれいる?回路基板のプリンターです。
IOTで何か作ろうとすると、電子工作で基板を作る必要がありますが
ハンダ付けやエッジングで回路を組むのはすごく時間がかかります。

CNCで削り出す方法もありますが、ピッチが細かくなると難しくなってきます。

製品の試作に、自分で電子回路を素早く作りたい!

そんなエンジニアの夢をかなえるのが、キックスターターに登場した「Voltera」です。
卓上におけるコンパクトボディで、伝導性インクを使い回路図をプリントすることができます。

電子基板プリンター

基盤プリンター

インクを使うので、非常に細かい回路をプリントすることが可能です。
さらに、2層構造のプリントにも対応しています。

値段は1499ドルと、今だと18万円ぐらいです。

ちなみに、回路はプリント出来ますが、チップなど部品の取り付けは手動です。
ハンダペーストを置く機能があるので、そこに部品を取り付けることができます。

590x331xVoltera7-590x331.jpg.pagespeed.ic.0ptb9DTrZg 475x268xVoltera8.jpg.pagespeed.ic.VgV2kNjX_C

ただし、便利な反面時間がけっこうかかるので、量産には向いていません。
※大きさにもよりますが、プリントに20分程度。固まるのに30分ぐらいです。

Volteraは、試作を行いながら改良をしていくシチュエーションに向いている基板プリンターです。

キックスターターでも注目を集めているプロジェクトで、すでに38万ドル(約4000万円)の調達に成功しています!

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス