HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

実質無償で使える3DCAD「Fusion360」の基本機能をご紹介します。

 

Fusion360の基本画面を解説

Fusion360の操作をするための画面をご紹介します。
各種のコマンドは以下を操作することで実行されます。

  • 各種の操作コマンドが集まった「メニュー」
  • モデルの回転ができる「ビューキューブ」
  • 3Dモデルやスケッチなどの表示非表示ができる「ブラウザ」
  • 過去に戻ってモデルを編集できる「履歴ツリー」
  • 拡大縮小やパンなどの表示系のコマンドが使える「ビュー操作」

Fusion360の各種メニュー

 

Fusion360の画面操作をしてみよう

 

Fusion360には三つボタンマウスがオススメ

Fusion360には
三つボタンマウスがオススメ

  • モデルを選択したいとき:左クリック
  • コマンドを呼び出すとき:右クリック
  • 画面を回転させる: Shift+ホイールボタン
  • 画面を左右に動かす: ホイールボタンを長押し
  • 画面ズーム: マウスホイールを回転

 

 

 

実際に3Dモデルを作って、3Dモデルをくるくる回転させる過程をご紹介します。

最初にメニューの中の「作成」の「円柱」コマンドを選択。

作成>円柱のコマンドを選択

作成>円柱のコマンドを選択

 

つぎに、円柱を置く3次元空間上の場所を決めます。

今回は底面を選択しました。

3次元上のどこに置くかを決める

3次元上のどこに置くかを決める

 

そして、円柱の直径を決めます。

円柱の直径を決める

円柱の直径を決める

 

モデルの大きさは数値の入力か、矢印を引っ張ることでもコントロールできます

円柱の高さは矢印でコントロールできます

円柱の高さは矢印でコントロールできます

 

マウスホイールの長押し+Shiftキーで、モデルを回転させてみます

ホイール長押し+shiftで回転させる

ホイール長押し+shiftで回転させる

 

今回は、Fusion360の画面説明でしたが、次回からは様々な機能をご紹介していきます。

 

 

Fusion360に関する連載記事

無料3DCAD「Fusion360」のインストール方法

無料で凄い3DCAD「Fusion360」が登場 

【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【レンダリング編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【修正の機能編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

 

 

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ