HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【レンダリング編】Fusion360で仕上がりを確認!本来は高額CAD用の機能

【レンダリング編】Fusion360で仕上がりを確認!本来は高額CAD用の機能

実質無料で使えるのに、高機能の3DCAD「Fusion360」にはレンダリング機能も付いています。

レンダリングとは、CADで作った3Dモデルに色や質感などをつけて実物のように表現することです。
完成後のイメージが湧くので、デザイン作業をしているときやプレゼンなどに活躍する機能です。
しかし、有料ソフトでもレンダリングはオプションになっているケースも多く

レンダリング機能だけで数十万円追加になるような、プロ仕様の機能です。

しかし、Fusion360は本格な的なレンダリング機能を備えており
こんな画像を作ることもできます。

Fusion360レンダリング

 

 

レンダリングを設定してみよう

3Dソフトのレンダリングは、機能がついていても設定が難しく
なかなか使いこなすのに骨が折れます。。

しかし、Fusion360のレンダリング機能は非常に簡単
しかも、本格的な画像がつくれます。

さっそく、このワインの画像にレンダリング設定を行います。

ワインの3Dモデル

ワインの3Dモデル

まずは、モードを「モデル」から「レンダリング」に切り替えます。

モードをレンダリングに切り替え

モードをレンダリングに切り替え

 

レンダリングモードに入って「外観」を選ぶと、素材メニューが出てきます。

この素材をモデルにドラック&ドロップするだけで
簡単に色や質感をつけることができます。

外観から素材メニューを表示

外観から素材メニューを表示

 

サクッと設定して、あとはレンダリングボタンを押すとこんな画像を作ることができます。
本当に写真じゃないかと思うような画像なので

Fusion360で作った3Dデータがあれば、実物がなくても売れるかもしれないですね〜

Fusion360のレンダリング機能

 

プロ仕様のレンダリングができるFusion360を是非使ってみてください!

ご興味を持たれた方は、以下のページでダウンロード方法などを解説しています。

 

 

Fusion360に関する連載記事

無料3DCAD「Fusion360」のインストール方法

無料で凄い3DCAD「Fusion360」が登場 

無料3DCAD・Fusion360の基本操作

 

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。