HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【レンダリング編】Fusion360で仕上がりを確認!本来は高額CAD用の機能

【レンダリング編】Fusion360で仕上がりを確認!本来は高額CAD用の機能

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

実質無料で使えるのに、高機能の3DCAD「Fusion360」にはレンダリング機能も付いています。

レンダリングとは、CADで作った3Dモデルに色や質感などをつけて実物のように表現することです。
完成後のイメージが湧くので、デザイン作業をしているときやプレゼンなどに活躍する機能です。
しかし、有料ソフトでもレンダリングはオプションになっているケースも多く

レンダリング機能だけで数十万円追加になるような、プロ仕様の機能です。

しかし、Fusion360は本格な的なレンダリング機能を備えており
こんな画像を作ることもできます。

Fusion360レンダリング

 

 

レンダリングを設定してみよう

3Dソフトのレンダリングは、機能がついていても設定が難しく
なかなか使いこなすのに骨が折れます。。

しかし、Fusion360のレンダリング機能は非常に簡単
しかも、本格的な画像がつくれます。

さっそく、このワインの画像にレンダリング設定を行います。

ワインの3Dモデル

ワインの3Dモデル

まずは、モードを「モデル」から「レンダリング」に切り替えます。

モードをレンダリングに切り替え

モードをレンダリングに切り替え

 

レンダリングモードに入って「外観」を選ぶと、素材メニューが出てきます。

この素材をモデルにドラック&ドロップするだけで
簡単に色や質感をつけることができます。

外観から素材メニューを表示

外観から素材メニューを表示

 

サクッと設定して、あとはレンダリングボタンを押すとこんな画像を作ることができます。
本当に写真じゃないかと思うような画像なので

Fusion360で作った3Dデータがあれば、実物がなくても売れるかもしれないですね〜

Fusion360のレンダリング機能

 

プロ仕様のレンダリングができるFusion360を是非使ってみてください!

ご興味を持たれた方は、以下のページでダウンロード方法などを解説しています。

 

 

Fusion360に関する連載記事

無料3DCAD「Fusion360」のインストール方法

無料で凄い3DCAD「Fusion360」が登場 

無料3DCAD・Fusion360の基本操作

 

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ