Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  クラウドファンディング > Indiegogo(インディゴーゴー) > 世界初!日本人が作った、3Dプリント腕時計のデザインサービス。

世界初!日本人が作った、3Dプリント腕時計のデザインサービス。

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

3Dプリンターを使ったユニークなサービスは、海外発が大半ですよね。
しかし、とうとう国内から、世界初の3Dプリンター活用サービスがスタートしました。

「スターターウォッチ(STARTER WATCH)」は、日本人のデザインユニットGingerが始めたWEB上で時計をデザインできる3Dプリントサービスです。

STARTER WATCH公式サイトはこちらへ

「スターターウォッチ(STARTER WATCH)」は、3DデータをWEB上で簡単に作れるのと、海外クラウドファンディングサイトの「INDIEGOGO」で資金調達を始めたことに特徴があります。

WEB上で3Dデータを作ってみる

3Dデータを自分で作るのは難しいですよね?

そこで、「スターターウォッチ(STARTER WATCH)」のWEBサイトでは、ベースデータを変形させて簡単にオリジナルの3Dデータが作れるようになっています。

サイトでは、ポリゴン、エレメント、デジタルの3種類の作り方が用意されています。
ポリゴンを選んで、試しにメイカーズラブっぽいデザインを作ってみました。

スターターウォッチのデザイン方法 ポリゴンでデザイン スターターウォッチでデザインしてみた

 

腕時計が動くステップ

データを作ったあとは、「スターターウォッチ(STARTER WATCH)」が、外蓋を3Dプリント。ユーザーには、時計の機構部分とセットになった組み立てキットが送られてきます。

▼サービスの流れ

STARTER WATCHのサイトで3Dデータを作る

STARTER WATCHのサイトで3Dデータを作る

時計を3Dプリント

時計を3Dプリント

STARTER WATCHから部品が送られてくる

STARTER WATCHから部品が送られてくる

 

 

時計が完成

時計が完成!

 

「スターターウォッチ(STARTER WATCH)」は、時計のオリジナルデザインですが、自分がデザインしたものが届くと楽しそうですよね ♪

今後は、もっともっと、こういうビジネスが生まれてくるんじゃないかと思います。

STARTER WATCH公式サイトはこちらへ

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:3月25日・26日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ