HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【履歴機能】Fusion360は、後からカタチを直せる!

【履歴機能】Fusion360は、後からカタチを直せる!

Fusion360の特徴として、「履歴」を使っての修正できるのがグッドなところです。

「履歴」とは、一度作った形状を後から簡単に直せるベンリな機能。

これは百万円レベルのCADじゃないと付いて無いことが多く、
当然無料CADにはありませんでした。

プロダクトデザイナーなどの幅広く使われている「Rhinoceros」などでも
「履歴」は無いので、モデルの修正は作り直しに近い感じです。

今回は、Fusion360の「履歴機能」を使うとどんなにベンリなのかをご紹介します。

 

履歴でサイズを変えてみよう!

ラテアートをしようかと、うさぎのフタを作ってみたけど
持っているカップに合わ無い。。。

そんな時でもFusion360の履歴機能を使えば、サイズを簡単に直すことができます。

フタが小さい

フタが小さい

 

うさぎの元になっているスケッチを修正、31mmだった直径を41mmに変更しました。

サイズを変更 サイズを変更

こんな感じで、カップにぴったりの大きさに

簡単にサイズを変えることができます。

Fusion360の履歴機能でぴったりにサイズ変更

Fusion360の履歴機能でぴったりにサイズ変更

 

「履歴機能」が無いCADだと、拡大縮小で大きさを直すしかないので
フタ自体が厚くなってしまいます。

 

履歴で形状を変更する!

「履歴」を使えば、大きさだけでなく色々な変更が可能です。

たとえば、このハートのカバー。
作り終わって、もう少し丸みのあるデザインに変えたくなりました。

角ばったハートのカバー

角ばったハートのカバー

 

Fusion360だと、形状の元になっているハートを書き換えれば

丸みのあるアートに書き換える

丸みのあるアートに書き換える

 

このように丸いデザインのハートにパッと変えることができます!

こういう場合、「履歴」が無いCADだと、完全に作り直しです。

「履歴」を使えることがとても便利なのがわかると思います。

丸みのあるハートに変わる

丸みのあるハートに変わる

 

Fusion360に関する連載記事

無料3DCAD「Fusion360」のインストール方法

無料で凄い3DCAD「Fusion360」が登場 

【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【レンダリング編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【修正の機能編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】ハードゥエアを設計&デザインするCAD技術

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
3DCADのスキルを数ステージあげられる中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングや構造の設計に加え、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス