HOME >>  3DCAD > Fusion360で製図しようぜ!!

Fusion360で製図しようぜ!!

eye_20150402
桜全開で、テンション上がり気味のマルです!!

4月を過ぎて、一年の区切りがついた方も多いのでは無いのでしょうか?
心機一転頑張りましょう!!

さて、早速なんですが、Fusion360って、製図(ドラフティング)が出来るんですよー。
しかも簡単に、、、
思えば私は工業系の学校出身なので手書きの図面をかけたりするんですが、、そのスキルを使って、ある職場でイベント会場の正確な図面を書いたら、他の社員から羨望の眼差しをうけた記憶が蘇りました。でも最近はマッタク使ってないですねぇ。しかし、僕は日曜大工とかで寸法とか無いと困るので、こういう機能は非常ありがたいです。もっとも2次元図面が無くなることも無いと思うので、多くの方は助かるのでは無いでしょうか??

さて、話が少々脱線しましたが図面の書き方を記載していきます。
今回は題材に、ろうそく立てを作ってみました。そのファイルから以下の手順で図面が書けます。

1.ファイルから「New Drawing from Design」を選択します。

「New Drawing from Design」ウィンドから、「Componets」からBODYを選択します。

スクリーンショット 2015-04-02 14.40.16

2.新しく、Drawingのファイルが開くので、ベースとなる物を配置します。

スクリーンショット 2015-04-02 18.49.35

3.画面上部にあるコマンドから、他の投影を配置します。

スクリーンショット 2015-04-02 18.50.29

4.寸法コマンドなどで、図面を完成させます。

スクリーンショット 2015-04-02 18.59.22

こんな感じで、だいたい10分位で終わりました。
みなさんもトライしてみてくださいね。

 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ