HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【スケッチ編】Fusion360が、自由な形を作れる秘密の機能。

【スケッチ編】Fusion360が、自由な形を作れる秘密の機能。

Fusion360で形を作るときに、必ず使うのがスケッチ(SKETCH)機能です。

いきなり3Dの形を作るのではなく、まず平面を書いてから3D化できるのが、スケッチ(SKETCH)の便利なところです。

スケッチ(SKETCH)を使えば、うさぎからパソコンのようなカッチリ系まで、いろいろな形を書くことができます。

スケッチでウサギのラテテンプレートを作る

では、Fusion360で、ウサギのラテアートテンプレートを作ってみます。

まず、「INSERT」でFaceはX軸を選択、Select Imageでうさぎの画像を読み込みます。

スケッチで画像を配置する

NSERT、FaceX軸を選択、Select Imageでウサギを読み込む

 

そして、スケッチツールを組み併せて、うさぎをトレース。

ここでは、顔の輪郭を「Arc」、耳の部分を「Spline」で書きます。

Stkechを書く

Arc、Circle、Splineで描画する

 

StkechのTrim

StkechのTrimで余計な部分をカット

 

ラテアートのボディ部分は、「Circle」を2つ組みあせわせて、不要な部分を「Trim」で削除します。

こんな感じで完成したスケッチを立体化させると、ウサギ型のラテテンプレートができました。
Fusion360を使えば、とても簡単につくれますね。

スケッチをExtrude

スケッチで外形を書いてExtrudeで3D化

sketch_08

ラテテンプレートが完成

 

 

オールドMacのカバーを作ってみる

次に、Fusion360でオールドMacスタイルのカバーを作ってみます。
これは、先ほどのウサギとは違い、スケッチ(SKETCH)の中でも「Rectangle(長方形)」を中心に使います。

Rectangleで外形を書く

Rectangleで外形を書く

 

Rectangleで外形を書く

「Rectangle」を使って、オールドMacの外形を書いていきます。オールドMacは面は多いですが、シンプルな長方形の組み合わせなので、どんどん書いていきます。

だいたい出来たところで、スケッチ(SKETCH)を終了し、「Extrude」で盛り上げたり、引っ込めりします。

StkechをExtrudeする

StkechをExtrudeする

 

Fusionのスケッチ(STKECH)の便利なことは、作業平面の設定の自由度が高いことです。

ソリッドの上にもスケッチ(STKECH)を、書くことができます。これで、Macのフロッピー?の部分などの細かい部分を書いてきます。

ソリッドの上にスケッチを書く

ソリッドの上にスケッチを書く

 

オールドMacが完成

オールドMacが完成

 

Fusion360を使い始めた時に、スケッチ(SKETCH)の概念が少しわかりづらいのですが、
使いこなすととても早くモデリングが出来るようになりますよ。

 

 

Fusion360に関する連載記事

無料3DCAD「Fusion360」のインストール方法

無料で凄い3DCAD「Fusion360」が登場 

【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【レンダリング編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【修正の機能編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

Fusion360で製図しようぜ!!

【スケッチ編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

Fusion360の操作を学べるCAD入門セミナー

 

メイカーズラブでは2Dデザイナーのための「Fusion360」の使い方セミナーをやっています。

2Dデザイナーのための 3DCAD入門(Fusion360)

 

2Dデザイナーのための3DCAD入門(fusion360)

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:8月11日・12日 or 9月2日・3日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日・23日 or 9月19日・20日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ