HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【スケッチ編】Fusion360が、自由な形を作れる秘密の機能。

【スケッチ編】Fusion360が、自由な形を作れる秘密の機能。

Fusion360で形を作るときに、必ず使うのがスケッチ(SKETCH)機能です。

いきなり3Dの形を作るのではなく、まず平面を書いてから3D化できるのが、スケッチ(SKETCH)の便利なところです。

スケッチ(SKETCH)を使えば、うさぎからパソコンのようなカッチリ系まで、いろいろな形を書くことができます。

スケッチでウサギのラテテンプレートを作る

では、Fusion360で、ウサギのラテアートテンプレートを作ってみます。

まず、「INSERT」でFaceはX軸を選択、Select Imageでうさぎの画像を読み込みます。

スケッチで画像を配置する

NSERT、FaceX軸を選択、Select Imageでウサギを読み込む

 

そして、スケッチツールを組み併せて、うさぎをトレース。

ここでは、顔の輪郭を「Arc」、耳の部分を「Spline」で書きます。

Stkechを書く

Arc、Circle、Splineで描画する

 

StkechのTrim

StkechのTrimで余計な部分をカット

 

ラテアートのボディ部分は、「Circle」を2つ組みあせわせて、不要な部分を「Trim」で削除します。

こんな感じで完成したスケッチを立体化させると、ウサギ型のラテテンプレートができました。
Fusion360を使えば、とても簡単につくれますね。

スケッチをExtrude

スケッチで外形を書いてExtrudeで3D化

sketch_08

ラテテンプレートが完成

 

 

オールドMacのカバーを作ってみる

次に、Fusion360でオールドMacスタイルのカバーを作ってみます。
これは、先ほどのウサギとは違い、スケッチ(SKETCH)の中でも「Rectangle(長方形)」を中心に使います。

Rectangleで外形を書く

Rectangleで外形を書く

 

Rectangleで外形を書く

「Rectangle」を使って、オールドMacの外形を書いていきます。オールドMacは面は多いですが、シンプルな長方形の組み合わせなので、どんどん書いていきます。

だいたい出来たところで、スケッチ(SKETCH)を終了し、「Extrude」で盛り上げたり、引っ込めりします。

StkechをExtrudeする

StkechをExtrudeする

 

Fusionのスケッチ(STKECH)の便利なことは、作業平面の設定の自由度が高いことです。

ソリッドの上にもスケッチ(STKECH)を、書くことができます。これで、Macのフロッピー?の部分などの細かい部分を書いてきます。

ソリッドの上にスケッチを書く

ソリッドの上にスケッチを書く

 

オールドMacが完成

オールドMacが完成

 

Fusion360を使い始めた時に、スケッチ(SKETCH)の概念が少しわかりづらいのですが、
使いこなすととても早くモデリングが出来るようになりますよ。

 

 

Fusion360に関する連載記事

無料3DCAD「Fusion360」のインストール方法

無料で凄い3DCAD「Fusion360」が登場 

【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【レンダリング編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【修正の機能編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

Fusion360で製図しようぜ!!

【スケッチ編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

Fusion360の操作を学べるCAD入門セミナー

 

メイカーズラブでは2Dデザイナーのための「Fusion360」の使い方セミナーをやっています。

2Dデザイナーのための 3DCAD入門(Fusion360)

 

2Dデザイナーのための3DCAD入門(fusion360)

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス