Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  3Dプリンター > これは一体!?ペンを持つ新発想のプリンターがキックスターターに登場!

これは一体!?ペンを持つ新発想のプリンターがキックスターターに登場!

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役
このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

メーカーズラブでは、海外の3Dプリンターの情報をよくお伝えしています。
Kickstarter(キックスターター)やindegogo(インディゴーゴー)などの海外クラウドファンディングには、3Dプリンターのプロジェクトが沢山出るようになりました。

しかし、今日Kickstarter(キックスターター)を見ていると一風変わったプリンター??を発見しました!

DrowBotは、その名の通り描くためのプリンターキットです。
ペンを持ったアームが、絵や文字を書いていきます。
ペンをレーザータイプに変えると、簡易的なレーザー彫刻機としても使える設計です。

でも、これだけだと普通のプリンターがあれば大丈夫じゃないか?
とういう気もしますよね。。。

しかし、DrowBotはアームだけではなく、壁に描くための「スパイダーボット」、卵に描くための「エッグボット」、地面を走りながら描く「カー」の4種類のプリンターが一体となっています。

今まで描画が難しかったモノに、実際に描くことが出来るのがユニークな点です。

複数のアームを組み合わせたmScara

複数のアームを組み合わせたmScara

壁に描けるmSpider

壁に描けるmSpider

卵に描くことのできるmEggBot

卵に描くことのできるmEggBot

地面に描けるmCar

地面に描けるmCar

 

ソフトウェアはSVGデータを使って描画するタイプです。BMPを SVGに変換することもできるので、普通の画像ならだいたい使えそうですね。

 

基盤は、オープンソースのArduino UNOを使用。駆動部分もステッピングモーターを使っており、汎用性と拡張性がある構成となっています。

DrowBotのソフトウェア

DrowBotのソフトウェア

 

DrowBotのキット

DrowBotのキット

 

DrowBotって何に使えるんだろう??

ところで、このDrowBotいったい何に使うんだろう??と疑問が湧いてきますよね。

そう、それがこのプロジェクトのポイントです。
制作チームはDrowBotのソフトウェアソースをオープにしており、別のものと組み合わせる前提の部品として考えているようです。

例えば、アームを人形と組み合わせて「お絵描きロボット」を作ったり、会議の「書記ロボット」なんかになると面白そうですね〜

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:1月14日・15日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ