HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 リファレンス > 世界初!Apple Watchカバーの3Dプリントモデルをダウンロード公開!

世界初!Apple Watchカバーの3Dプリントモデルをダウンロード公開!

いよいよ、Apple Watch(アップルウォッチ)が4月24日に発売されますよね。
ただし、Apple Watchは、バンドカラーの種類は多いものの、外蓋のデザインは基本的に同じものです。

そこで、3Dプリンターのモノづくりポータルサイト「メイカーズラブ」では、Apple Watchカバーのコンセプトモデルを3DCADで作成し、世界で初めて公開しました。※1

猫型のApple Watchカバー オールドマック型のApple Watchカバーハート型のApple Watchカバー

公開したApple Watchカバーのコンセプトデザインは、ネコ型、オールドMac、ハート型の3種です。

ダウンロードできる3Dデータは、3Dプリント用のSTL形式です。ページ下部のフォームからダウンロードし3Dプリントすることが出来ます。

今回のApple Watchカバーは、イラストや図面から3Dプリントデータを代行作成するサービス、「トータル3Dプロトタイピング」を活用しました。
大まかなデザイン画を描いて、3Dプリンター用の3DCADデータ依頼。「トータル3Dプロトタイピング」により、実際に3DプリントしたApple Watchカバーの試作までを行っています。

→トータル3Dプロトタイプピングの詳細はこちらへ

 

Apple Watchをイラストから作る

 

3DCADデータ制作のパターン1

メイカーズラブは3Dプリンターのポータルサイトとして、3Dプリンターや3DCADを使ったモノづくりを広めていきたいと考えています。
今後も、3Dプリンターの楽しさを感じられる3Dモデルをどんどん公開していきます!

 

Apple Watchカバーデータのダウンロード

姓 (必須)

名(必須)

メールアドレス (必須)

※個人情報保護方針についてはこちらをご覧ください。

※1 世界的な3DデータサイトSketchfabやTurbosquid、3Dデータ横断検索サイトのYeggiなどを調査しました。その結果、4月16日現在でダウンロード公開されているデータは存在しませんでした。

※データサイズは横幅38mm用に作られています。
※Apple Watchが販売前なので、発表サイズに基づいて3Dデータを作成しています。

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ