HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 リファレンス > 世界初!Apple Watchカバーの3Dプリントモデルをダウンロード公開!

世界初!Apple Watchカバーの3Dプリントモデルをダウンロード公開!

いよいよ、Apple Watch(アップルウォッチ)が4月24日に発売されますよね。
ただし、Apple Watchは、バンドカラーの種類は多いものの、外蓋のデザインは基本的に同じものです。

そこで、3Dプリンターのモノづくりポータルサイト「メイカーズラブ」では、Apple Watchカバーのコンセプトモデルを3DCADで作成し、世界で初めて公開しました。※1

猫型のApple Watchカバー オールドマック型のApple Watchカバーハート型のApple Watchカバー

公開したApple Watchカバーのコンセプトデザインは、ネコ型、オールドMac、ハート型の3種です。

ダウンロードできる3Dデータは、3Dプリント用のSTL形式です。ページ下部のフォームからダウンロードし3Dプリントすることが出来ます。

今回のApple Watchカバーは、イラストや図面から3Dプリントデータを代行作成するサービス、「トータル3Dプロトタイピング」を活用しました。
大まかなデザイン画を描いて、3Dプリンター用の3DCADデータ依頼。「トータル3Dプロトタイピング」により、実際に3DプリントしたApple Watchカバーの試作までを行っています。

→トータル3Dプロトタイプピングの詳細はこちらへ

 

Apple Watchをイラストから作る

 

3DCADデータ制作のパターン1

メイカーズラブは3Dプリンターのポータルサイトとして、3Dプリンターや3DCADを使ったモノづくりを広めていきたいと考えています。
今後も、3Dプリンターの楽しさを感じられる3Dモデルをどんどん公開していきます!

 

Apple Watchカバーデータのダウンロード

姓 (必須)

名(必須)

メールアドレス (必須)

※個人情報保護方針についてはこちらをご覧ください。

※1 世界的な3DデータサイトSketchfabやTurbosquid、3Dデータ横断検索サイトのYeggiなどを調査しました。その結果、4月16日現在でダウンロード公開されているデータは存在しませんでした。

※データサイズは横幅38mm用に作られています。
※Apple Watchが販売前なので、発表サイズに基づいて3Dデータを作成しています。

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:3月25日・26日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ