HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > アルミも削れる大型&低価格CNCがキックスターターに登場!

アルミも削れる大型&低価格CNCがキックスターターに登場!

低価格CNCでアルミの切削

低価格CNCでアルミの切削

 

海外では低価格のCNCがちらほら出てきましたが、切削できる素材は木材までです。

キックスターター(Kickstarter)に登場した、「Routakit SD」はオープンソースのCNCプロジェクト。
低価格CNCですが加工範囲が広く、760×760×140mmとかなり大きいですね。

さらに、加工できる素材はプラスティックや木材、アルミと幅広いです。
価格は約20万円(1749ドル)と、加工範囲と素材を考えるとかなり低価格と言えます。

Routakit SDのミルの種類

Routakit SD

Routakit SDで木材のレリーフを削る

Routakit SDで木材のレリーフを削る

Routakit SD CNCで木材のレリーフを削る

Routakit SD CNCで木材のレリーフを削る

もっと大型の加工が必要な場合は、加工エリアが1260×760×140mmの「Routakit HD」もあります。(価格は3359ドル)

3Dプリンターの次はCNCとが欲しくなるので、アルミ切削ができるCNCとしてはお得が感があります。ちなみに、Routakit SDは、日本への発送も行っているので購入することができます。

 

Routakit SDのモーター部分

Routakit SDのミルの種類

Routakit SDのミルの種類

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:5月4日・5日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ