HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > アルミも削れる大型&低価格CNCがキックスターターに登場!

アルミも削れる大型&低価格CNCがキックスターターに登場!

低価格CNCでアルミの切削

低価格CNCでアルミの切削

 

海外では低価格のCNCがちらほら出てきましたが、切削できる素材は木材までです。

キックスターター(Kickstarter)に登場した、「Routakit SD」はオープンソースのCNCプロジェクト。
低価格CNCですが加工範囲が広く、760×760×140mmとかなり大きいですね。

さらに、加工できる素材はプラスティックや木材、アルミと幅広いです。
価格は約20万円(1749ドル)と、加工範囲と素材を考えるとかなり低価格と言えます。

Routakit SDのミルの種類

Routakit SD

Routakit SDで木材のレリーフを削る

Routakit SDで木材のレリーフを削る

Routakit SD CNCで木材のレリーフを削る

Routakit SD CNCで木材のレリーフを削る

もっと大型の加工が必要な場合は、加工エリアが1260×760×140mmの「Routakit HD」もあります。(価格は3359ドル)

3Dプリンターの次はCNCとが欲しくなるので、アルミ切削ができるCNCとしてはお得が感があります。ちなみに、Routakit SDは、日本への発送も行っているので購入することができます。

 

Routakit SDのモーター部分

Routakit SDのミルの種類

Routakit SDのミルの種類

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス