HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > Raspberry Pi2以上の性能!1000円で買える超小型コンピューター「CHIP」

Raspberry Pi2以上の性能!1000円で買える超小型コンピューター「CHIP」


Makers(メイカーズ)が、3Dプリンターと合わせて注目しているのが電子工作です。
Raspberry Piなどのマイコンで、ネットに繋がる家電を自作できるなど、メイカーズには必須のアイテム。

その小型コンピューターに、1000円という低価格、高機能、便利を兼ね備えたチップが登場しました。
その名も、キックスターター(Kickstarter)プロジェクトの「CHIP」です。

小型電子回路のCHIP

スペック的には、CPUが1GHz、メモリーが512MB、記憶容量が4GBとRaspberry PCi2以上です。

「CHIP」は小さいですが、Linuxを搭載したほぼパソコン。

モニターとキーボードを繋げば(VGAアダプターはオプション対応)パソコンとして稼働します。
オープンオフィスを使って仕事をすることや、Chromeを使ったWEBブラウジング、電子工作のプログラム、沢山のゲームなどいろいろ出来ます。
「CHIP」は、キックスターター(Kickstarter)でも人気になっており、約4500万円の資金が集まっています!

 

CHIPのスペック

CHIPのインターネット環境

CHIPの構成環境

スマホ連動するネット機能がついた家電(IOT)を試作するには、3Dプリンターに加えて電子工作用の基盤が不可欠です。

Wifiが使えて電子工作で主流になっているRaspberry Piは、価格が5000円程度します。「CHIP」が1000円だと考えると、電子工作での有力な選択になりそうですね〜

ちなみに、どうやって1000円にしてるのか気になるところですが
サイトのQ&Aによると、チップメーカーとの協業で、最低1万個作ることで実現するようです。

キックスターターは、単にモノづくりだけでなく、価格戦略も含めたステージに進化していますね。。。

CHIP – The World’s First Nine Dollar Computer

CHIPでオフィスを動かす

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス