HOME >>  クラウドファンディング > Indiegogo(インディゴーゴー) > 世界最小のドローン?!コントローラーごとポケットに入る「WALLET DRONE」

世界最小のドローン?!コントローラーごとポケットに入る「WALLET DRONE」

WALLET DRONE

最近、世間を騒がせている無人ヘリコプターの「ドローン(Drone)」。
物流の変革や、レストランの配膳など、様々なサービスへの応用が期待されています。

海外では様々なタイプの製品が出ていますが、かなり玩具寄りのドローンも出てきました。

インディゴーゴー(indiegogo)に登場した「WALLET DRONE」は世界で最も小さなドローンです。カメラなどはなく、動画のシーンにあるように子供の遊びに使えそうなタイプです。

WALLET DRONEの遊び方

大きさは直径4センチと、財布よりも小さなドローンです。

WALLET DRONE」がユニークなのは、本体がコントローラーに収納できること。その状態でポケットに入るので、持ち運びが楽チンです。

世界最小のドローン

20150415114201-Photo_on_4-15-15_at_2.08_PM

コントローラーに収納することで充電できる設計になっています。
一回の20分の充電で5〜7分の飛行が可能です。

「WALLET DRONE」は小さいながら、スピードは3段階、360度のターン、ジャイロなどドローンとしての基本機能は備えています。

さらにカラーバリエーションが3種類あったり、夜間飛行用のライトがついてるのが特徴的ですね。

WALLET DRONEの機能

インディゴーゴー(indiegogo)では、記事を書いている時点で目標の3倍となる、35,000ドルの調達に成功しています。

子供のおもちゃに使えそうなので
「WALLET DRONE」を使って、新しい遊びが登場するかもしれませんね〜

WALLET DRONEのコントローラーWALLET DRONEのカラーバリエーション

 

WALLET DRONE

 

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス