HOME >>  CNC > 国内学生ベンチャーが、世界初の3Dプリント一眼レンズを発売

国内学生ベンチャーが、世界初の3Dプリント一眼レンズを発売

FAB-LENS(ファブレンズ)

3Dプリンターは、試作での利用がメインですが、そのまま量産品を作っちゃうことも可能です。
日本国内でも、そんな動きが出てきたのでご紹介します。

大学生が運営するベンチャー「YOKOITO」が販売を開始した「FAB-LENS(ファブレンズ)」は、3Dプリンターで作られた、一眼レフ用レンズユニットです。

「FAB-LENS(ファブレンズ)」は、マウントからレンズまで全てパーツに分かれていて、絞りの形をハートにしたり星形にしたりと自由に交換することが出来ます。

3Dプリンターのレンズユニット

星形の絞り丸型の絞りハート型の絞り

さらに、3Dプリンターで作られているので、いろいろなカラーを組み合わせる事が可能です。

「FAB-LENS(ファブレンズ)」を使えば、黒一色の一眼レフの世界にファッション要素を加えることが出来ます。
絞りは、紙を円形の紙を交換するタイプです。そのため、様々な色や形で撮影を楽しむ事ができます。

詳しい情報はFAB-LENSの公式サイト

色々なカラーを組み合わせる

FAB-LENS(ファブレンズ)の全体像

FAB-LENS from Ichiri Takamatsu on Vimeo.

メイカーズによる新しい製造方法が広がるか?

「FAB-LENS(ファブレンズ)」は、3DプリンターやCNC、レーザーカッターなどを組み合わせて作られています。
特に本体は、カメラ用レンズ製品としては、世界で初めてFDMの3Dプリンターが用いられています。

カメラのような精密機器は、そうそう簡単に参入できる分野ではありませんでした。しかし、学生ベンチャーが、カメラ製品を販売しちゃうことに時代を感じますね。

「FAB-LENS(ファブレンズ)」は、現在は市販のレンズを使っていますが、ゆくゆくはレンズ自体をオリジナルで作る構想があるようです。レジン型などを作れば可能だとは思うので、そのへんも楽しみです。

企業名:株式会社YOKOITO
担当者名:大谷 太郎 高松 一理
TEL:05035993550
Email:yokoito.inc@yokoito.co.jp
ホームページ: http://yokoito.co.jp

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:6月17(土)&18日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ