HOME >>  3Dプリンター > 古い車が3Dで蘇る!?フォルクスワーゲンが交換部品の3Dプリントを発表!?

古い車が3Dで蘇る!?フォルクスワーゲンが交換部品の3Dプリントを発表!?

フォルクスワーゲンコラード

フォルクスワーゲンは、先日3Dプリンターを使ってスペアパーツを製造する
パイロットプロジェクトを発表しました。

古い車の多くは、部品の老朽化により走行不能になる危険があります。
古すぎるとメーカーにも交換部品がないことが多くなります。

フォルクスワーゲンでは、これまでプロトタイプで3Dプリンターを使用してきましたが
今後はこれまでのノウハウをスペアパーツ製造に適用していくそうです。

フォルクスワーゲンでは、パーツ作成のテストを重ねているそうです。

3Dプリンターの交換部品

製造テストの最初の部品は、レギュレーターとハンドルの間に置かれた革張り張りのフォルクスワーゲン・コラードのアダプターでした。
アダプターは、小さな部品ですがハンドルがドアの内装の裏地を損傷するのを防ぎます。

このアダプターは、内外に細かい溝があるために、ギアの精度を再現するのがなかなか困難だったそうです。大きさも1セント硬化と同じぐらいです。

フォルクスワーゲンでは、これらのスペアパーツを、図面を使ってデータを作ったり、3Dスキャンのデータを処理したりと様々な方法を模索しているそうです。

自動車のスペアパーツのように、個別の生産には3Dプリントが向いていますが
正確なデータをどう作るかが問題です。

さらに、金属プリンターは湾曲しやすいという問題点もあります。
これが乗り越えられると、画期的なことだと思います!

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス