HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360 とレーザーカッターでランタンを作る方法

Fusion360 とレーザーカッターでランタンを作る方法

Fusion360でレーザカッターのランタンを作る

Fusion360では、レーザーカッター のデータを作ることもできます。

最近新しいカリキュラムで検討している、
Fusion360とレーザーカッター 、さらに3Dプリンターを組み合わせる方法を
チラッとご紹介します。

テーマは、手持ちのランタンです。

こういうかなり立体的なモデルは、レーザーだけでは作れませんが
Fusion360と3Dプリンターを駆使すると、あっさり作ることができます。

 

まずは、ソケットのデータを作って、原点に配置します。

そして、ランタンの傘の部分になる葉っぱのようなモデルを作ります。

ソケットのモデルを原点に配置する

ソケットのモデルを原点に配置する

傘の元になるモデルを作る

傘の元になるモデルを作る

 

次に、ソケットを固定する芯を作ります。

この芯に、傘を食い込ませるように移動して、Fusion360の円形状パターンで増やすと

ランタンの傘が完成します。

芯に傘を食い込ませる

芯に傘を食い込ませる

パターンで傘を完成させる

パターンで傘を完成させる

 

ランタンのシェードの部分も同じような作り方です、大元になるフレームを一本作って
それを、芯を中心にパターンで増やすだけです。

シェードのフレームを一本作る

シェードのフレームを一本作る

パターンで増やす

パターンで増やす

最後に、ランタンの足元作ります。

これは、何度か紹介している方法ですが、Fusion360のシートメタル機能を使います。

シートメタルの「フランジ」で形状を押し出して、さらに「展開」で広げた後に
切り抜き部分を抜くと、形状が出来上がります。

シートメタル機能のフランジで押し出す

シートメタル機能のフランジで押し出す

修正の展開で平らにする

修正の展開で平らにする

台座の部分が完成

台座の部分が完成

 

ざっと、こんな流れで、Fusion360を使ってランタンをつく方法をご紹介しました。

ちなみに、形を作るだけだと割と簡単ですが
レーザーカットしたものと3Dプリントした物を固定させる方法論など、
製品を完成させるには、色々なテクニックを駆使する必要があります。

その辺は、講座の中でも取り上げて行きたいと思います。

Fusion360とレーザーカッター のモデル

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。