HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【リクエスト】Fusion360で角度とヒネリがあるスクリューの作り方

【リクエスト】Fusion360で角度とヒネリがあるスクリューの作り方

上に行くほど大きく薄くなるフィンが完成

「Fusion360で、こんな形が出来ますか?」と、たまに質問をいただくので
リクエストにお応えして、モデリングしてみる企画を始めました。

今回は、こんな感じのテーパーがついたスクリュー的な形状です。

まずは、スクリューの元になるスケッチを作成します。

作業面を作り、三層のスケッチを描く準備をします。

あとは、上に行くほど大きく、薄くなるようにスケッチを書きます。

羽の元になるスケッチを作る

羽の元になるスケッチを作る

オフセット平面で、3層の作業めんを作る

オフセット平面で、3層の作業めんを作る

上に行くほど大きく、薄くなるスケッチを描く

上に行くほど大きく、薄くなるスケッチを描く

この3層のスケッチをロフトします。

ちなみに、単にロフトするとストレートに大きくなって行くだけです。

ロフトを適用するとストレートな形状になる

ロフトを適用するとストレートな形状になる

何で、こんな感じで3Dスケッチを書き足します。

羽の中心同士を、回転しながら結んで行くイメージです。

今回のレールの書き方だと、下から上にかけて90度回転しています。

スプラインで、羽の中点をずらしながら連結する

スプラインで、羽の中点をずらしながら連結する

一周ぐるっと3Dスケッチを適応

一周ぐるっと3Dスケッチを適応

あとは、3Dスケッチで書いた線をロフトのレールとして加えて行くと

だんだん大きくなりながら、薄くなって行く羽を持ったスクリューが完成します。

 

ロフトで、3Dスケッチをレールに形状を作る

ロフトで、3Dスケッチをレールに形状を作る

上に行くほど大きく薄くなるフィンが完成

上に行くほど大きく薄くなるフィンが完成

裏返すとこんな感じ

裏返すとこんな感じ

Fusion360を使いこなせば、一見難しい形も簡単に出来ます。

「こういう形はどうできるんだろう?」と疑問を持っている方は
お問い合わせをいただければ、作ってみますのでリクエストをしてみてください。

お問い合わせはこちらへ

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。