HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 【QRコード編】イラストレーターでも出来る3Dプリント

【QRコード編】イラストレーターでも出来る3Dプリント

イラストレーター(illustrator)は、クリエイターにユーザーが多い定番ソフトです。

しかし、2次元のデザインでは絶大な威力を発揮しますが、3Dになるとちょっと勝手が違うようです。。。

でも、イラレで書いたドローイングを直接3Dデーターにはできません。
しかし、少しだけ3DCADを組み合わせれば、そんなに難しくはないんですよね。

そこで、自分のような、WEBやグラフィックの2Dデザイナーを3次元化して、
3Dプリントまでしてみるコーナーをスタートすることにしました。

 

「QRコード」を3Dプリントする

記念すべき第一回のテーマは、2Dのデザインでは定番の「QRコード」です。
イラストレーターと、無料3DCAD「Fusion360」を組合せて、「3DQRコード」をプリントする所までをやってみました。

3DQRの設計図

 

1.QRコード生成サイトでベクターデータを入手

まず、最初にQRコードのベクターデータを入手します。
QRコードは画像で扱うことが多いですが、3Dデータにするためにはイラストレーターが扱えるベクターデータ(ベジェ曲線)が必要です。

URLを打ち込むと、QRコードを生成してくれるサイトでベクターデータを取得。
イラストレーター用にESPを選択します。

印刷用のQRコードを作る君

QRのベクターデータを取得

QRのベクターデータを取得

 

2.イラストレーターで開いて編集する

3Dプリンターで3Dデータを扱うには、サイズの指定が重要です。
先ほどダウンロードしたEPSデータをイラストレーターで開いて、サイズを調整します。

合わせて周りの葉っぱのデザインも描き加えました。

葉っぱ型の中にプリントするため、縦横5センチに大きさを変えました。

イラストレーターでQRコードのデータを編集

イラストレーターでQRコードのデータを編集

 

3.Fusion360でイラストレーターのデータを3D化する

Fusion360はSVG形式でデータが読み込めます。そこで、イラストレーターの別名保存で、SVGに保存し直します。

SVGデータになれば「INSET」からSVGを「INSER SVG」で読み込むことが出来ます。

SVGデータをFusion360に読み込む

SVGデータをFusion360に読み込む

 

いよいよ、イラストレーターで作ったラインを3Dで立体化します。

最初に葉っぱのベースラインを、Fusion360ので立体の葉っぱにします。たわみも付けるため、たわみ用のデータを別に作って、「Split body」で葉っぱ型でカットします。

さらに、全体をSTLデータで書きだすために、「Combine」で葉っぱとQRコードを統合します。

 

葉っぱのたわみとなる部分を、ラインとは別に作る

葉っぱのたわみとなる部分を、ラインとは別に作る

Split bodyで葉っぱの形に切り抜く

Split bodyで葉っぱの形に切り抜く

続けてQRコードの部分をEXTRUDEで立体化

続けてQRコードの部分をEXTRUDEで立体化

 

4.実際に3Dプリントしてみる

データが完成したので、STLに書き出してプリントします。
やはりたわみの部分はけっこうサポートが付きますね。

シンプルなデータなのでプリント時間は3時間ぐらいでした。

立体3DQRコードをプリント中

立体3DQRコードをプリント中

立体QRコードがプリントできました

立体QRコードがプリントできました

 

5.QRコードを読み込んでみると

実際に3DプリントしたものをQRリーダーで読み込んでみます。

しかし、QRコードとして機能するには階調が必要です。
3Dプリンターだと単色での出力なので、このままだとプリントができません。

そこで、表面を油性マジックで黒く塗ってみました。

3DプリントしたQRコードを読み込んでみる

3DプリントしたQRコードを読み込んでみる

 

さて読み込まれるかな?

iPhoneのQRコードリーダーを使って割とすんなり読み込まれました!

3DプリントしたQRコードを読み取り

3DプリントしたQRコードを読み取り

WEBサイトへ

WEBサイトへ

ただ照明とか環境にけっこう左右されます。。。
今回はプリントクオリティを低めに設定したせいで
QRの表面にムラがけっこうありました。

もっと品質を高くプリントすれば、読む込精度もあがりそうですね〜

 

イラストレーターで3Dデータの制作後

QRコードのイラストレーターのデータを3DCADで使うケースはあまり多くないようです。
今回がQRのSVGデータがかなり重くなったので、いろいろ調べてみましたが
海外サイトなどにも情報がありませんでした。

SVGのような座標系のデータは3DCADだと扱いづらいせいかもしれません。
しかし、いろいろ工夫すれば、プリントする分には問題無いことが分かりました。

2Dのデザイナーはイラストレーターユーザーが多いので
もっとイラストレーターから3Dデータを作る方法を模索していきたいと思います。

葉っぱ型の立体QRコード

葉っぱ型の立体QRコード

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス