HOME >>  メーカーズニュース > Ultimakerからプロ仕様の新型プリンターが「Ultimaker S5」が登場

Ultimakerからプロ仕様の新型プリンターが「Ultimaker S5」が登場

ultimaker

高品質で知られる低価格3DプリンターメーカーUltimakerから、プロ向けの新型プリンター「Ultimaker S5」が発売されます。

Ultimaker S5の詳細はこちらへ

Ultimaker S5」は造形サイズが従来より大きく、330x240x300mmです。

ultimaker

ビルドプレートのわずかな変動をも検知し調整するよう強化されたマルチポイントベッドレべリングにより、造形時に最も重要となる第一層目の印刷安定度が向上。

また、フィラメントフローセンサーにより、印刷中の材料の流れをセンサーが管理しているので、プリントを監視していただく必要はありません。

印刷のプレビューも見られるタッチパネルにより、操作性も向上しました。

ultimaker

また、脱着式のヘッドを採用していることでプリントするものに合わせて、ノズル径を簡単に変えることができます。

ultimaker

「Ultimaker S5」では、プロ向けの機能として、アプリを使ったシームレスな統合環境が用意されています。

同じローカルエリアネットワークに接続されているスマートフォンやタブレットからUltimaker 3Dプリンターを簡単に操作する事ができます。

また、ライブカメラにより、パソコンやUltimaker Appからプリントシーンを閲覧可能です。

専用アプリ

Ultimakerは、3Dプリンターメーカーとしては老舗だと思いますが
プロ向けに完成度の高い環境が用意されていますね。

「Ultimaker S5」は、現在予約販売中。出荷は7月中旬だそうです。

Ultimaker S5の詳細はこちらへ

Ultimaker S5のスペック

造形方式: Fused deposition modeling (FDM)
プリントヘッド: 自動ノズルリフティングシステム付きデュアルエクストルーダーと交換可能なプリントコア(ノズル)
造形サイズ: XYZ: 330 x 240 x 300 mm
フィラメント直径: 2.85 mm
積層ピッチ: 0.25 mm ノズル: 150 – 60 micron、0.4 mm ノズル: 200 – 20 micron
0.8 mm ノズル: 600 – 20 micron
ポジショニング制度: 6.9, 6.9, 2.5 micron
造形スピード: <24 mm3/s
ビルドプレート: ヒーテッドグラスプレート、ヒーテッドアルミニウムプレート
ビルドプレート温度: 20 – 140 °C
ビルドプレートレベリング: アクティブレベリング
対応材料: PLA,Tough PLA, Nylon, ABS, CPE, CPE+, PC, TPU 95A, PP, PVA, Breakaway
他社の材料にも対応します。
ノズル径: 0.25 mm, 0.4 mm, 0.8 mm
ノズル温度: 180 – 280 °C
ノズル加熱速度: <2 min
ビルドプレート加熱速度: <4 min (from 20 to 60 °C)
通信: Wi-Fi, LAN, USB port
モニタリング: ライブカメラ(パソコン、Ultimaker Appから閲覧可能)

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座