HOME >>  メーカーズニュース > 【開封の儀】吉野家の「牛丼カンズメ」を非常時じゃないのに開けてみた

【開封の儀】吉野家の「牛丼カンズメ」を非常時じゃないのに開けてみた

吉野家の非常用保存食「牛丼缶詰」

ものづくりの話題とは全然関係ないですが、今回は吉野家「牛丼カンズメ」の開封の儀をお届けします。

ちなみにメイカーズラブ は、東京都の荒川区南千住にある工場型マンションに入居しています。

荒川エリアは、材料屋さんなども多くモノづくりには便利なエリアです。しかし、食べ物屋さんが少なく、外食不毛地帯なのが難点です。

普段は、冷凍食品などをストックしていますが、今回は話題の吉野家「牛丼カンズメ」を取り寄せて見ました。

箱を持った感じはとても軽くて小さいので、本当に6食分もあるのだろうかと思いました。

吉野家の非常用保存食「牛丼缶詰」何だか箱が薄くて軽い

何だか箱が薄くて軽い

 

早速、箱を開けて見たところ、牛丼、豚丼、焼鶏丼、牛焼肉丼、豚生姜焼丼、焼塩さば丼の6種類が1つづつ入っていました。

そして、驚くべきことにこれが1缶800円です。カンズメと考えると、超高級品ですね。。

6缶入っている

6缶入っている

牛丼、豚丼、焼鶏丼、牛焼肉丼、豚生姜焼丼、焼塩さば丼の6種類

牛丼、豚丼、焼鶏丼、牛焼肉丼、豚生姜焼丼、焼塩さば丼の6種類

 

早速、牛丼と豚丼を食べてみることにしました。

缶を開けてみると、「これっぽち??」と思いましたが、160gの容量に対してカロリーは275kcalと、コンビニおにぎり一個ぐらいです。

保存食と考えると、まあまあのカロリーがあります。

成分表をみるとご飯は玄米が使われていました。白米だと、保存食として水分が多すぎるのかもしれません?

まずは、豚丼を食べてみる 吉野家の非常用保存食「牛丼缶詰」

まずは、豚丼を食べてみる

 

まず、豚丼をそのまま食べます。

「う、、、想像以上に美味しい!!」

味はお店で食べるテイストが引き継がれていますが、肉はよりしっかり煮込まれ、玄米も程よい甘さです。

缶をよく見てみると、湯煎で温めても食べられると書いてあったので

牛丼をお湯で温めてみると、何だかさらに美味しくなりました。

カンズメは美味しいものが少ないですが、「牛丼カンズメ」は想像以上に美味しかったです。

 

吉野家の非常用保存食「牛丼缶詰」

牛丼カンズメをお湯で温める

より美味しくなりました 吉野家の非常用保存食「牛丼缶詰」

より美味しくなりました

 

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座