HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360の小技】一体ボディで複雑な形を作る!面の分割するモデリング

【Fusion360の小技】一体ボディで複雑な形を作る!面の分割するモデリング

ボール

Fusion360で、ある程度複雑な形を作る時に、ボディの分割をすることが多いと思います。
しかし、パーツを分割しなくも、面を分けることでモデリングすることができます。

さらに、一体のボディでも色を塗り分けることが可能です。

今回は、とあるボールをテーマにして、「面を分割するモデリング」をご紹介します。

 

まず、「作成>球」で、原点に直径100mmの球体を作ります。

続いて、模様をつけるために、原点を中心にして以下のようなスケッチを書きます。

100mmの球体を作る

100mmの球体を作る

原点を中心にスケッチを書く

原点を中心にスケッチを書く

ある程度複雑なモデリングをするには、部品に分けてモデリングすると思いますが、今回は「面を分割」を使い一体で形状を作ります。

修正の「面を分割」で、対象の面を選んで実行すると、ボディは一体のままで面が分かれます。

スケッチを道具にして面を分割する

スケッチを道具にして面を分割する

さらに、ボタンの部分を「面を分割」で分割します。

この時ポイントになるのは、分割する面を選択するところです。実際に分けるところだけを選ぶようにしてください。

この状態で、ボールに凹凸をつけるために「プレスプル」を使います。

「修正>プレスプル」を-1mm適用して、ボールの中央を通る溝を作ります。

さらに、中央のボタンを「修正>プレスプル」で1mm飛び出させます。

これで、とあるボールが完成しました。

中心の帯に-1mmプレスプルを適用して溝にする

中心の帯に-1mmプレスプルを適用して溝にする

中央のボタンを1mmのプレスプルで飛び出させる

中央のボタンを1mmのプレスプルで飛び出させる

次に、ボールに色をつけます。パーツを塗り分ける時に、ボディを全て分割すると非効率なことが多いです。面に色をつければ一体のボディでも塗り分け可能です。

「修正>外観」で、「適用を面」にします。

これを使って、ボールを塗り分けると、こんな感じのボールが出来ます。

適用を面にして外観を割り当てる

適用を面にして外観を割り当てる

ボール

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。