HOME >>  メーカーズニュース > A4コピー用紙を使えるカラー3Dプリンターがリリース

A4コピー用紙を使えるカラー3Dプリンターがリリース

Mcor IRISのプリント例フルカラー 3Dプリンター

噂されていた紙を使ったフルカラー3Dプリンターが、いよいよ日本でも8月1日にデビューします。

ジェー・ビー・エムより、アイルランド エムコア社のフルカラー3Dプリンター「Mcor IRIS」が発売されます。

「Mcor IRIS」は紙を積層する新しい方式の3Dプリンター。材料としてオフィスで使っているA4のコピー用紙を使うことができます。
そのため従来の3Dプリンターに比べて、ランニングコストが20分の1になるそうです。

さらに、紙に着色するので100万色の色彩再現が可能です。これは従来のフルカラープリンター、つまり石膏式のZ-Printerが39万色だったことを考えるとかなりの違いですね。

Z-Prinerは、出力してみると分かりますが、赤で出してもオレンジになってしまうぐらいでした。。。

スクリーンショット 2013-07-25 8.04.05紙を使ったフルカラー3Dプリンター

↑こんな形でプリント 周りの紙を外すと右のように取り出せます。粉まみれの石膏式に比べると楽ですね。

 

さらに、サポート材や薬品による処理が必要なく、石膏式で粉が沢山でるため専用ルームが必要だったZ-Printerと比べて取り扱いが容易なことも特徴です。

紙が材料というと強度的に大丈夫かと思いますが、強力に圧縮しながら積層するため木材に近い強度を出すことができます。

デメリットとしては、積層スピードが他社製品と比べて決して早くはなく、スピードニーズには合わないこと。

さらに、解像度が0.1mmとZ-Printerと同じぐらいなので、詳細な加工には向かないことですね。

本体価格は588万円と、Z-Printerの同程度の性能の機種が1000万円近いことを考えると安くなっています。

↓プリントの様子がわかる動画です。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス