HOME >>  メーカーズニュース > 一瞬で資金調達に成功した3Dプリンターが、プリンターの意味を変える

一瞬で資金調達に成功した3Dプリンターが、プリンターの意味を変える

Kickstarter 3Dプリンター

Kickstarerでは3Dプリンターのプロジェクトが珍しくなくなり、最近はファンディングに失敗する例も出てきています。
しかし、「Micro」はわずか11分と一瞬で目標金額の5万ドルに到達!この記事を書いている時点では97万ドルと約1億円の資金を集めています。

 

Micro 3DプリンターをキッチンでMicro 3Dプリンターでクッキー型を作る

その秘密は早割価格で199ドル(約2万円)という安さですね。

プリンター自体は写真のように非常に小さいながら、プリント面積は116×109×113mmとある程度の大きさのものは作れます。

マテリアルは、ABS、PLA、ナイロンに対応。積層ピッチは最大0.05mmと性能的にも使えそうな感じです。さらにプリンドベッドの自動水平機能も備えています。

通常価格も299ドルと性能を考えても劇的な安さと言えそうです。

他にも、オープンソースの3Dデータを検索して、Micro用にリサイズするアプリケーションがあるなどユニークな試みがなされています。
海外では、すでに膨大な量の3Dデータが公開されています。
例えば、クッキーの型が欲しいと思うと、いろいろなデータが公開されているので
検索して出力することができます。

このぐらいの価格で、役立つものがプリント出来るんだと3Dプリンター自体の意味合いが変わってきそうです。
3Dプリンター オープンデータ検索

 

ボディを見ても量産に適した形のプラスティク筐体で、コストを下げる工夫も感じられますね〜こういう挑戦が3Dプリンターを普及させていくんでしょう!

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス