HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > 3Dプリンターのピストルが発射に成功!ココから言えることは何か。。

3Dプリンターのピストルが発射に成功!ココから言えることは何か。。


米非営利企業Defense Distributedが5月6日、3Dプリンタで製造したプラスティック製のピストル「Liberator」で発砲する動画を公開しました。

公開された動画によると、確かに発射することが出来たようです。「Liberator」はほとんどの部品を3Dプリンターで出力して組み立てたそうです。

3Dプリンターのピストル

 

 

しかし、ピストルというよりは、ジョップガンと呼ばれる鉄パイプや輪ゴムで作られる簡易型の手銃の一種で、命中精度や発射距離などはごくごく荒いものとなっていそうです。

 

ただし、データはオープンソースで誰でも利用可能です。

おそらく、低価格の3Dプリンターでも生成可能だと思われます。

日本人からすると、物騒な話以外の何者でもありませんが、データの公開とダウンロードを止めるのはコンテンツなどの例を見ても不可能でしょう。

では、この避けられない現実から言えることは何でしょうか?

 

一つの見方として、3Dプリンターを使った製造業へのメリットも有るのではないかと思います。

以前の記事「【基礎知識】低価格3Dプリンターの出来ない事」でも言及したように、低価格の3Dプリンターには構造上耐久性を上げるのが難しいという問題があります。

しかし、ピストルを作り発射するということはかなりの耐久性が必要になると思います。

つまり、3Dプリンターを使った武器の製造は、低価格プリンターで作る製品の耐久性を上げるのに何らかのプラスになる可能性あるとも思いました。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス